ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の中間決算でソフトバンクはNTTドコモを追い越したが、両社の違いは表面的な決算の数字にとどまるものではなく、もっと本質的な部分に起因している。
 徹底的な技術志向で根っからの通信会社であったNTTドコモがサービスの世界に向かい、パソコンソフトの卸会社からスタートしたソフトバンクが逆に、通信会社としての道を邁進しているのだ。

 ソフトバンクは2013年7月、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを216億ドル(約2兆1280億円)で買収した。
 スプリントは全米3位とはいえ、1位のAT&Tと2位のベライゾンには大きく水をあけられている。だが世界最大の通信市場である北米への足がかりができたことは間違いなく、ソフトバンクは完全なグローバル通信企業に変貌した。

 ソフトバンクの2013年4月~9月期決算(中間決算)は、売上高2兆5986億円、純利益は3949億円となった。NTTドコモは売上高2兆1980億円、純利益は3004億円なので、ソフトバンクが売上げ、利益ともにNTTドコモを上回った。米携帯電話大手スプリントの買収効果が数字に反映されはじめた結果である。このほか、イー・アクセス、ウィルコムなどの子会社化も売上増に貢献している。

 一方NTTドコモは海外市場を攻めあぐねている。というよりもむしろ国内の異業種分野への進出が目立つ。NTTドコモと株式会社ABC ホールディングスは10月25日、ドコモがABCの株式の51%を取得すると発表した。ABCホールディングスは傘下の事業会社を通じて、料理教室「ABCクッキングスタジオ」を展開している。ABCの料理教室のコンテンツとドコモのモバイル技術を融合させた新たなサービスを開発するという。
 またNTTドコモは、野菜などの宅配サービスを行っている「らでぃっしゅぼーや」や、CD販売大手の「タワーレコード」を相次いで買収した。また、ショップジャパンの名称でテレビ通販事業を手がける「オークローンマーケティング」も2009年に子会社化している。ドコモは海外に新しい市場を求めるのではなく、国内の既存市場をリプレースする戦略を描いているように見える。

 こうなってくると同じ携帯電話事業者といってもソフトバンクとNTTドコモはまったく異なった企業という位置付けになる。日本の携帯電話事業の創始者であり、技術を誇りにしてきたNTTドコモが異業種参入に積極的になり、もともとはソフトの卸と出版を手がける会社であったソフトバンクが、ひたすら通信会社として拡大を目指しているというのは何とも皮肉な結果である。

 会社単体で見れば、両社の戦略の違いということになるが、マクロ経済的に見ると少し様子は変わってくる。ソフトバンクは海外企業の積極的な買収によって、日本に多額の投資収益(所得収支)をもたらしてくれる。だがNTTドコモの戦略は、基本的に国内市場の奪い合いであり、日本の国際収支には貢献しない。
 NTTドコモには、1兆円以上を海外のM&Aに投じたあげく、その多くが失敗に終わったという過去がある。海外の超大型買収に積極的になれないのは、そのトラウマが原因なのかもしれないが、本来であれば、そうした思い切った買収を行うべきなのは、貿易収支が赤字に転落した「今」というタイミングだったのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

sandberg201401
政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動 …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …