ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWebサイトで批判した野田元首相の発言がちょっとした話題となっている。

 野田氏は自身のWebサイトにおいて、安倍氏が日本版NSC(国家安全保障会議)法の成立に強い意欲を持っていることを高く評価し、同法案に基本的に賛成する意向を示している。
 その上で野田氏は、制度改正以前の問題として「最大の危機管理は、総理大臣が公邸に住むことです」とし、私邸から首相官邸に通っている安倍氏を批判した。

 確かにホワイトハウスに住む米国大統領をはじめとして、各国のトップは公邸に居住することが多い(ドイツのメルケル首相のように私邸に住む人もいる)。その最大の理由はもちろん警備上の問題である。移動は整備当局がもっとも神経を使う場面であり、毎日の出勤がなければその分、危険にさらされるリスクはかなり小さくなる。また災害時に道路が寸断されて首相が官邸に入れないという事態も回避できる。もちろんトップが公邸に住むという象徴的な意味もあるだろう。

 一方、日本の首相は伝統的に公邸に住まないケースが多い。吉田茂元首相は、白金台の旧朝香宮邸を事実上の公邸としてしまい、政務もそこで実施していた。鳩山一郎元首相は、財力にモノをいわせて建設した有名な「音羽御殿」から通い、政務の一部も自宅で行っていた。田中角栄元首相も目白の巨大な私邸を愛用しており、田中氏の絶頂期には田中氏にお伺いを立てる政治家や官僚が列をなし、やはり「目白御殿」と呼ばれた。
 首相公邸に積極的に住むことを主張したのは、官邸機能強化を掲げた中曽根元首相であった。さらに小泉元首相は、結果的に首相官邸の建て替えやそれに伴う公邸の建て替えを手がけることになり、一貫して公邸に住み続けた。最近は立派な私邸を構える財力が政治家になくなっていることもあり、公邸に居住する首相が増えてきている。安倍氏も最初の内閣では公邸住まいだったし、民主党の首相は皆公邸に住んでいる。

 首相の警備という点では、公邸に住んだ方が安全であることは間違いなく、その点で野田氏の主張はまさに正論といえるだろう。だが公邸は人の出入りが多く、密会がしにくいことや、プライベートな情報が外部に漏れることを気にする人も多い。また現在の公邸は以前の首相官邸であり築85年になろうとしている。全面改装は行われたものの、不便で住みにくいという指摘もある。今後、公邸暮らしが完全に定着するかは不透明だ。

 小泉氏は、休日の午前中はパジャマのまま公邸内を悠然と徘徊し、大好きなクラシック音楽を大音響で聴いていたという。公邸暮らしをするためには、そのくらいの図太さが必要なのかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

obamasyria
オバマ大統領がシリアへの軍事介入について議会承認を求めたことの本質的意味

 オバマ米大統領は8月31日、ホワイトハウスで声明を発表し、シリアに対して軍事介 …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

chibeto50
中国がチベット自治区50年式典を開催。中国による既成事実化が進む

 中国は2015年9月8日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」に続いて「チ …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …