ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWebサイトで批判した野田元首相の発言がちょっとした話題となっている。

 野田氏は自身のWebサイトにおいて、安倍氏が日本版NSC(国家安全保障会議)法の成立に強い意欲を持っていることを高く評価し、同法案に基本的に賛成する意向を示している。
 その上で野田氏は、制度改正以前の問題として「最大の危機管理は、総理大臣が公邸に住むことです」とし、私邸から首相官邸に通っている安倍氏を批判した。

 確かにホワイトハウスに住む米国大統領をはじめとして、各国のトップは公邸に居住することが多い(ドイツのメルケル首相のように私邸に住む人もいる)。その最大の理由はもちろん警備上の問題である。移動は整備当局がもっとも神経を使う場面であり、毎日の出勤がなければその分、危険にさらされるリスクはかなり小さくなる。また災害時に道路が寸断されて首相が官邸に入れないという事態も回避できる。もちろんトップが公邸に住むという象徴的な意味もあるだろう。

 一方、日本の首相は伝統的に公邸に住まないケースが多い。吉田茂元首相は、白金台の旧朝香宮邸を事実上の公邸としてしまい、政務もそこで実施していた。鳩山一郎元首相は、財力にモノをいわせて建設した有名な「音羽御殿」から通い、政務の一部も自宅で行っていた。田中角栄元首相も目白の巨大な私邸を愛用しており、田中氏の絶頂期には田中氏にお伺いを立てる政治家や官僚が列をなし、やはり「目白御殿」と呼ばれた。
 首相公邸に積極的に住むことを主張したのは、官邸機能強化を掲げた中曽根元首相であった。さらに小泉元首相は、結果的に首相官邸の建て替えやそれに伴う公邸の建て替えを手がけることになり、一貫して公邸に住み続けた。最近は立派な私邸を構える財力が政治家になくなっていることもあり、公邸に居住する首相が増えてきている。安倍氏も最初の内閣では公邸住まいだったし、民主党の首相は皆公邸に住んでいる。

 首相の警備という点では、公邸に住んだ方が安全であることは間違いなく、その点で野田氏の主張はまさに正論といえるだろう。だが公邸は人の出入りが多く、密会がしにくいことや、プライベートな情報が外部に漏れることを気にする人も多い。また現在の公邸は以前の首相官邸であり築85年になろうとしている。全面改装は行われたものの、不便で住みにくいという指摘もある。今後、公邸暮らしが完全に定着するかは不透明だ。

 小泉氏は、休日の午前中はパジャマのまま公邸内を悠然と徘徊し、大好きなクラシック音楽を大音響で聴いていたという。公邸暮らしをするためには、そのくらいの図太さが必要なのかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

carney
北朝鮮側に戦争の意図はない?攻撃的な口調とは反対に部隊に大きな動きはなし

 韓国との「戦争状態」突入を宣伝するなど、朝鮮半島では緊張が極度に高まっているが …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …