ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWebサイトで批判した野田元首相の発言がちょっとした話題となっている。

 野田氏は自身のWebサイトにおいて、安倍氏が日本版NSC(国家安全保障会議)法の成立に強い意欲を持っていることを高く評価し、同法案に基本的に賛成する意向を示している。
 その上で野田氏は、制度改正以前の問題として「最大の危機管理は、総理大臣が公邸に住むことです」とし、私邸から首相官邸に通っている安倍氏を批判した。

 確かにホワイトハウスに住む米国大統領をはじめとして、各国のトップは公邸に居住することが多い(ドイツのメルケル首相のように私邸に住む人もいる)。その最大の理由はもちろん警備上の問題である。移動は整備当局がもっとも神経を使う場面であり、毎日の出勤がなければその分、危険にさらされるリスクはかなり小さくなる。また災害時に道路が寸断されて首相が官邸に入れないという事態も回避できる。もちろんトップが公邸に住むという象徴的な意味もあるだろう。

 一方、日本の首相は伝統的に公邸に住まないケースが多い。吉田茂元首相は、白金台の旧朝香宮邸を事実上の公邸としてしまい、政務もそこで実施していた。鳩山一郎元首相は、財力にモノをいわせて建設した有名な「音羽御殿」から通い、政務の一部も自宅で行っていた。田中角栄元首相も目白の巨大な私邸を愛用しており、田中氏の絶頂期には田中氏にお伺いを立てる政治家や官僚が列をなし、やはり「目白御殿」と呼ばれた。
 首相公邸に積極的に住むことを主張したのは、官邸機能強化を掲げた中曽根元首相であった。さらに小泉元首相は、結果的に首相官邸の建て替えやそれに伴う公邸の建て替えを手がけることになり、一貫して公邸に住み続けた。最近は立派な私邸を構える財力が政治家になくなっていることもあり、公邸に居住する首相が増えてきている。安倍氏も最初の内閣では公邸住まいだったし、民主党の首相は皆公邸に住んでいる。

 首相の警備という点では、公邸に住んだ方が安全であることは間違いなく、その点で野田氏の主張はまさに正論といえるだろう。だが公邸は人の出入りが多く、密会がしにくいことや、プライベートな情報が外部に漏れることを気にする人も多い。また現在の公邸は以前の首相官邸であり築85年になろうとしている。全面改装は行われたものの、不便で住みにくいという指摘もある。今後、公邸暮らしが完全に定着するかは不透明だ。

 小泉氏は、休日の午前中はパジャマのまま公邸内を悠然と徘徊し、大好きなクラシック音楽を大音響で聴いていたという。公邸暮らしをするためには、そのくらいの図太さが必要なのかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …