ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。

 同社は8月に、実験車両での走行距離が約48万キロを突破し、無事故だったと発表した。同社の取り組みを受けて、ネバダ州、カリフォルニア州、フロリダ州において、自動運転の自動車が走行できるようにするために法律が成立した。

 同社の共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏は「Googleは5年以内に自動運転車を一般市民が利用できるようにする」と述べている。同氏は、自動運転システムの普及によって、事故の減少につながり、障害者が自動車を運転する機会が増加するとしている。

 当然のことだが、同社が多額の資金を投じて自動運転システムを開発するのは、それだけが理由ではない。同社が狙っているのは以下の事業である。

 ①軍事用途
 ②検索エンジンと連動させた交通制御システム

 自動運転システムは、民間用途はもちろんのこと、その背後には巨大な軍用マーケットが存在している。
 ロボット技術のほとんどが実際には軍用マーケットを視野に入れているのと同じ構図だ。自動車メーカーに依存しないGoogleの自動運転システムは、既存の車両の自動運転化に対応しやすく、軍のニーズにマッチしている。

 もうひとつはGoogleの本業である検索システムとの関連連動である。同社の自動運転システムを搭載した自動車は、当然Googleの検索エンジン、地図情報システム、スマートフォンなどと連携させることができる。
 現在でもPCやスマホ利用者の詳細な行動履歴をもとに広告配信が行われているが、これに自動車の詳しい走行データがプラスされる。広告への波及効果は計り知れない。

 さらにこのシステムは交通渋滞のコントロールにも応用することができる。交通渋滞はごくわずかな時間や台数の調整でそのほとんが解消できるといわれている。自動運転システムを使えば、多数の自動車の運転を一括して制御し、渋滞を解消するも可能になるのだ。

 このシステムが実用化されれば、Googleは自動車までそのコントロール下に置くことができるようになる。当然同社に対する批判や疑問などが噴出するであろう。だがこのようなプロジェクトを推進できる事業者は今のところ同社しかなく、同社に振り回される状況はしばらく続くことになる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

son
ソフトバンクの孫社長が次々と巨大豪邸を建設。その真意は?

 ソフトバンクの孫正義社長が、最近次々と豪邸を建てている。短期間に3つも豪邸を建 …