ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。

 同社は8月に、実験車両での走行距離が約48万キロを突破し、無事故だったと発表した。同社の取り組みを受けて、ネバダ州、カリフォルニア州、フロリダ州において、自動運転の自動車が走行できるようにするために法律が成立した。

 同社の共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏は「Googleは5年以内に自動運転車を一般市民が利用できるようにする」と述べている。同氏は、自動運転システムの普及によって、事故の減少につながり、障害者が自動車を運転する機会が増加するとしている。

 当然のことだが、同社が多額の資金を投じて自動運転システムを開発するのは、それだけが理由ではない。同社が狙っているのは以下の事業である。

 ①軍事用途
 ②検索エンジンと連動させた交通制御システム

 自動運転システムは、民間用途はもちろんのこと、その背後には巨大な軍用マーケットが存在している。
 ロボット技術のほとんどが実際には軍用マーケットを視野に入れているのと同じ構図だ。自動車メーカーに依存しないGoogleの自動運転システムは、既存の車両の自動運転化に対応しやすく、軍のニーズにマッチしている。

 もうひとつはGoogleの本業である検索システムとの関連連動である。同社の自動運転システムを搭載した自動車は、当然Googleの検索エンジン、地図情報システム、スマートフォンなどと連携させることができる。
 現在でもPCやスマホ利用者の詳細な行動履歴をもとに広告配信が行われているが、これに自動車の詳しい走行データがプラスされる。広告への波及効果は計り知れない。

 さらにこのシステムは交通渋滞のコントロールにも応用することができる。交通渋滞はごくわずかな時間や台数の調整でそのほとんが解消できるといわれている。自動運転システムを使えば、多数の自動車の運転を一括して制御し、渋滞を解消するも可能になるのだ。

 このシステムが実用化されれば、Googleは自動車までそのコントロール下に置くことができるようになる。当然同社に対する批判や疑問などが噴出するであろう。だがこのようなプロジェクトを推進できる事業者は今のところ同社しかなく、同社に振り回される状況はしばらく続くことになる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

no image
(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆638 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …