ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。

 同社は8月に、実験車両での走行距離が約48万キロを突破し、無事故だったと発表した。同社の取り組みを受けて、ネバダ州、カリフォルニア州、フロリダ州において、自動運転の自動車が走行できるようにするために法律が成立した。

 同社の共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏は「Googleは5年以内に自動運転車を一般市民が利用できるようにする」と述べている。同氏は、自動運転システムの普及によって、事故の減少につながり、障害者が自動車を運転する機会が増加するとしている。

 当然のことだが、同社が多額の資金を投じて自動運転システムを開発するのは、それだけが理由ではない。同社が狙っているのは以下の事業である。

 ①軍事用途
 ②検索エンジンと連動させた交通制御システム

 自動運転システムは、民間用途はもちろんのこと、その背後には巨大な軍用マーケットが存在している。
 ロボット技術のほとんどが実際には軍用マーケットを視野に入れているのと同じ構図だ。自動車メーカーに依存しないGoogleの自動運転システムは、既存の車両の自動運転化に対応しやすく、軍のニーズにマッチしている。

 もうひとつはGoogleの本業である検索システムとの関連連動である。同社の自動運転システムを搭載した自動車は、当然Googleの検索エンジン、地図情報システム、スマートフォンなどと連携させることができる。
 現在でもPCやスマホ利用者の詳細な行動履歴をもとに広告配信が行われているが、これに自動車の詳しい走行データがプラスされる。広告への波及効果は計り知れない。

 さらにこのシステムは交通渋滞のコントロールにも応用することができる。交通渋滞はごくわずかな時間や台数の調整でそのほとんが解消できるといわれている。自動運転システムを使えば、多数の自動車の運転を一括して制御し、渋滞を解消するも可能になるのだ。

 このシステムが実用化されれば、Googleは自動車までそのコントロール下に置くことができるようになる。当然同社に対する批判や疑問などが噴出するであろう。だがこのようなプロジェクトを推進できる事業者は今のところ同社しかなく、同社に振り回される状況はしばらく続くことになる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …