ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会の庁舎の正面で爆発物が連続して爆発し、1名が死亡、7名がケガをした。ケガ人のうち1名は重傷だという。
 10月28日に発生したウイグル族による爆破事件とは無関係と考えられているが、中国共産党の重要な会議である党中央委員会第3回全体会議(3中全会)の開催を前に爆破事件が相次いでいることに中国では動揺が広がっている。

 事件が発生したのは、11月6日の午前7時すぎ。党委員会庁舎の周辺で少なくとも7回から8回の爆発があった。
 爆発物は、党委員会庁舎正面の歩道の植え込みなどに設置されたと見られており、内部には殺傷力を高める目的で、パチンコ玉よりも大きい鉄球やクギなどが多数入れられていた。このため爆発物の周辺では、割れたガラスなどが多数散乱し、血痕も多く残されている。

 当初はウイグル族による反政府運動との関連性も考えられたが、容疑者として身柄を拘束したのは、ウイグル族ではなく過去に窃盗歴がある人物だった。公安当局では現在、動機の解明を進めている。山西省は中国でも有数の石炭の産出地域で、石炭産業で財をなした富豪が多数居住していることで知られている。炭鉱利権をめぐる政治的争いが激しく、地方政府の腐敗も指摘されていた。こうした背景も犯行の動機になっている可能性がある。

 党中央では、ウイグル族による天安門広場の爆破事件とは異なり、ネット上に掲載された現場写真の多くを削除させておらず、メディアに対する規制も行っていない。こうした対応の違いが出ているのは、今回の事件は、ある程度社会に認知させることで、庶民のガス抜きを図る意図があると考えられる。

 中国は今後、10%台という驚異的な経済成長は見込めないことから、7.5%程度の穏やかな成長を維持する方向に舵を切っている。だが安定成長に移行してしまうと、経済水準の向上で庶民の不満をそらすことが難しくなる。このため習近平政権では、地方政府レベルを中心に、党幹部の腐敗を厳しく摘発し、庶民の不満が共産党全体に波及しないよう腐心している。一方で少数民族の独立運動に対しては徹底的に弾圧を加える方針だ。

 中国の庶民が共産党幹部を中心とする特権階級に対して大きな不満を持っているのは事実である。だが、一連の爆破事件について、民衆の不満が限界点まで達しており、中国の制度が崩壊ギリギリの状態となっているサインと理解するのは早計だろう。1989年の天安門事件や古くは1970年代の文化大革命の例を見るまでもなく、中国は、いざとなれば躊躇なく民衆を徹底弾圧する国であり、共産党には「暴力」という最終手段が残っている。

 だが少なくともしばらくの間、民衆の不満に対して党中央が耳を傾ける必要があるのは事実であり、経済政策のあり方も含めて神経質な展開が続くことになるだろう。日本に対する強硬姿勢もこうした世論コントロールに使われる可能性がある。

 - 政治 , , ,

  関連記事

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …