ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会の庁舎の正面で爆発物が連続して爆発し、1名が死亡、7名がケガをした。ケガ人のうち1名は重傷だという。
 10月28日に発生したウイグル族による爆破事件とは無関係と考えられているが、中国共産党の重要な会議である党中央委員会第3回全体会議(3中全会)の開催を前に爆破事件が相次いでいることに中国では動揺が広がっている。

 事件が発生したのは、11月6日の午前7時すぎ。党委員会庁舎の周辺で少なくとも7回から8回の爆発があった。
 爆発物は、党委員会庁舎正面の歩道の植え込みなどに設置されたと見られており、内部には殺傷力を高める目的で、パチンコ玉よりも大きい鉄球やクギなどが多数入れられていた。このため爆発物の周辺では、割れたガラスなどが多数散乱し、血痕も多く残されている。

 当初はウイグル族による反政府運動との関連性も考えられたが、容疑者として身柄を拘束したのは、ウイグル族ではなく過去に窃盗歴がある人物だった。公安当局では現在、動機の解明を進めている。山西省は中国でも有数の石炭の産出地域で、石炭産業で財をなした富豪が多数居住していることで知られている。炭鉱利権をめぐる政治的争いが激しく、地方政府の腐敗も指摘されていた。こうした背景も犯行の動機になっている可能性がある。

 党中央では、ウイグル族による天安門広場の爆破事件とは異なり、ネット上に掲載された現場写真の多くを削除させておらず、メディアに対する規制も行っていない。こうした対応の違いが出ているのは、今回の事件は、ある程度社会に認知させることで、庶民のガス抜きを図る意図があると考えられる。

 中国は今後、10%台という驚異的な経済成長は見込めないことから、7.5%程度の穏やかな成長を維持する方向に舵を切っている。だが安定成長に移行してしまうと、経済水準の向上で庶民の不満をそらすことが難しくなる。このため習近平政権では、地方政府レベルを中心に、党幹部の腐敗を厳しく摘発し、庶民の不満が共産党全体に波及しないよう腐心している。一方で少数民族の独立運動に対しては徹底的に弾圧を加える方針だ。

 中国の庶民が共産党幹部を中心とする特権階級に対して大きな不満を持っているのは事実である。だが、一連の爆破事件について、民衆の不満が限界点まで達しており、中国の制度が崩壊ギリギリの状態となっているサインと理解するのは早計だろう。1989年の天安門事件や古くは1970年代の文化大革命の例を見るまでもなく、中国は、いざとなれば躊躇なく民衆を徹底弾圧する国であり、共産党には「暴力」という最終手段が残っている。

 だが少なくともしばらくの間、民衆の不満に対して党中央が耳を傾ける必要があるのは事実であり、経済政策のあり方も含めて神経質な展開が続くことになるだろう。日本に対する強硬姿勢もこうした世論コントロールに使われる可能性がある。

 - 政治 , , ,

  関連記事

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

no image
韓国が3隻目のイージス艦を配備。日本との差が徐々に縮小

 韓国が3隻目のイージス艦を就航させる。韓国防衛事業庁は8月末、イージス艦「西厓 …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …