ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち早く提唱してきたクリス・アンダーソンの新著『Makers』が発売前から早くも話題となっている。

 今回のテーマは「ものづくり」。だが、従来型の製造業の話ではない。
 3Dプリンタが劇的に安価となったことで、自宅で少量生産の製造業が可能となり、ものづくりが根本的に変わるという話である。
 家庭での製造業とまではいなかくても、シリコンバレーでは、ITを駆使した小規模な製造業がここ1~2年の間に相次いで設立されており、米国では製造業がちょっとしたブームとなっているのだ。

 だが本書が日本で話題となっている状況を見るに、日本は第1、第2の敗戦に続いて第3の敗戦を迎えそうな雰囲気が濃厚である。

 第1の敗戦はもちろん太平洋戦争の敗北である。第2の敗戦はネット革命で日本が主導権をまったく握れず、経済政策にも失敗し20年間以上も不況から脱出できないでいることである。
 今回Makerが主張するように、ものづくりのやり方が根本的に変わるのだとすると、ここでも日本は致命的な敗北になる可能性が高い。

 というのも、第2の敗北においても、日本は決して技術で劣っていたわけではなかったからだ。むしろ、米国よりもIT技術は進んでいる部分が多かった。すべてをダメにしたのは、日本の閉鎖的な社会風土である。
 日本の大企業は、同じ技術が日本にもあるにもかかわらず、国内のITベンチャーには見向きもせず、米国で話題となったベンチャーにばかり媚びるように群がった。終身雇用で競争がない日本企業では、国内の新しい技術の採用にリスクを取ってチャレンジする人は誰もいないのだ。
  優秀な技術を持ちながら、日本社会で見向きもされず倒産していったITベンチャーは星の数ほど存在する。

 文化的な面も同様である。日本のジャーナリストで、ネット革命の本質的な意味をいち早く提唱した人は何人もいた。だが権威に媚びることがだけが仕事の大手マスメディアで取り上げられるのは、○×大学教授や元役人など、頭の回転が1世代古い人ばかり。新しいトレンドを生み出すことなどできるわけがない。

 Makerで紹介されている3Dプリンタは、日本が技術的にリードしてきた分野である。だがこれを採用する人も、紹介する人も、事業化する人も、すべてアメリカ人。この本が日本でもブームとなったら、日本の大企業は、また米国企業詣でを繰り返し、マスコミはアメリカ人ばかり賞賛するだろう。

 シリコンバレーのベンチャー投資ファンドは、クルマで30分以内の距離にいないベンチャー企業には投資しないという。どんなにグローバル化やIT化が進んでも、身近な人の中でアイデアを出し合い、新しいことにチャレンジする精神を共有することが何よりも大切であることに変わりはない。

 この本の登場を心待ちにしているようでは、日本の製造業の未来はない。日本の大企業において身近な人が開発した新しいアイデアを取り上げ、「とりあえずやってみるか!」と新プロジェクトを立ち上げる人が何人いるだろうか?結果は明らかである。

 - マスコミ, 経済, IT・科学

  関連記事

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

okane
家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月 …

sonmasayosi
ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …