ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち早く提唱してきたクリス・アンダーソンの新著『Makers』が発売前から早くも話題となっている。

 今回のテーマは「ものづくり」。だが、従来型の製造業の話ではない。
 3Dプリンタが劇的に安価となったことで、自宅で少量生産の製造業が可能となり、ものづくりが根本的に変わるという話である。
 家庭での製造業とまではいなかくても、シリコンバレーでは、ITを駆使した小規模な製造業がここ1~2年の間に相次いで設立されており、米国では製造業がちょっとしたブームとなっているのだ。

 だが本書が日本で話題となっている状況を見るに、日本は第1、第2の敗戦に続いて第3の敗戦を迎えそうな雰囲気が濃厚である。

 第1の敗戦はもちろん太平洋戦争の敗北である。第2の敗戦はネット革命で日本が主導権をまったく握れず、経済政策にも失敗し20年間以上も不況から脱出できないでいることである。
 今回Makerが主張するように、ものづくりのやり方が根本的に変わるのだとすると、ここでも日本は致命的な敗北になる可能性が高い。

 というのも、第2の敗北においても、日本は決して技術で劣っていたわけではなかったからだ。むしろ、米国よりもIT技術は進んでいる部分が多かった。すべてをダメにしたのは、日本の閉鎖的な社会風土である。
 日本の大企業は、同じ技術が日本にもあるにもかかわらず、国内のITベンチャーには見向きもせず、米国で話題となったベンチャーにばかり媚びるように群がった。終身雇用で競争がない日本企業では、国内の新しい技術の採用にリスクを取ってチャレンジする人は誰もいないのだ。
  優秀な技術を持ちながら、日本社会で見向きもされず倒産していったITベンチャーは星の数ほど存在する。

 文化的な面も同様である。日本のジャーナリストで、ネット革命の本質的な意味をいち早く提唱した人は何人もいた。だが権威に媚びることがだけが仕事の大手マスメディアで取り上げられるのは、○×大学教授や元役人など、頭の回転が1世代古い人ばかり。新しいトレンドを生み出すことなどできるわけがない。

 Makerで紹介されている3Dプリンタは、日本が技術的にリードしてきた分野である。だがこれを採用する人も、紹介する人も、事業化する人も、すべてアメリカ人。この本が日本でもブームとなったら、日本の大企業は、また米国企業詣でを繰り返し、マスコミはアメリカ人ばかり賞賛するだろう。

 シリコンバレーのベンチャー投資ファンドは、クルマで30分以内の距離にいないベンチャー企業には投資しないという。どんなにグローバル化やIT化が進んでも、身近な人の中でアイデアを出し合い、新しいことにチャレンジする精神を共有することが何よりも大切であることに変わりはない。

 この本の登場を心待ちにしているようでは、日本の製造業の未来はない。日本の大企業において身近な人が開発した新しいアイデアを取り上げ、「とりあえずやってみるか!」と新プロジェクトを立ち上げる人が何人いるだろうか?結果は明らかである。

 - マスコミ, 経済, IT・科学

  関連記事

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

businessphone
IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるケースが続出

 IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるという事件が多発してい …

twitter03
ツイッターのタイムライン閲覧数が回復。成長期待の維持で株価反転なるか?

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年7月29日、2014年4~6月期の決算 …