ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎参院議員について、山本氏を厳重注意とした上で、任期中は皇室行事への参加を認めない処分を決定した。この決定で参議院としての山本氏に対する処分は一段落することになる。だが参議院の関係者の中からは、山本氏の軽率な行動によって、二院制に関する議論が再開しかねないと懸念する声が聞こえてくる。

 山本氏の行動については多くの国民が否定的見解を示している。その理由は大きく分けて二つある。
 ひとつは天皇陛下に対して失礼であるという礼儀に関するもの。もうひとつは、議会制民主主義を担う国会議員が天皇陛下に問題解決を依頼するという根本的矛盾に関するものである。
 陛下に直訴するという行為は非礼であることは間違いないだろうが、やはり重大なのは後者であろう。特に山本氏が貴族院議員をそのルーツとする参議院議員であることが、ことの重大性に拍車をかけている。

 日本は二院制を採用しているが、それは議決をより慎重に行うためという実務的な理由からだけでそうなっているわけではない。参議院は戦前の貴族院が前身であり、皇室を支えるための議会としてスタートしている。つまり、二院制は革命という暴力を経ずして、王制から民主的な立憲君主制へと移行した歴史の証明でもあるのだ。
 マグナカルタ(大憲章)以降、800年をかけて王権と民主主義のバランスを取ってきた英国ほどではないが、少なくとも、明治憲法の制定、民主化運動(大正デモクラシー)、日本国憲法の制定という一連の流れの中で、国家を断絶することなく、また皇室の権威を損ねることなく、天皇から国民に権力を移譲させ、民主化を達成した象徴であることは間違いない(終戦と占領という外圧はあったが)。

 だからこそ参議院には今でも天皇陛下が座る玉座が設置されている。参議院議員は、国民が天皇から権力を奪い取ることができた象徴であると同時に、一方では天皇制の最大の擁護者でもある。参議院議員の立場というのは実は非常に重いものなのだ。

 このところ、ねじれ国会の問題から、参議院不要論が台頭している。確かに党利党略に染まった政党政治においては、二院制は「決められない」政治の象徴となってしまっている。また参議院には業界団体の票だけををバックにした利権政治家が多いのも事実である。だが参議院には上記のような歴史があり、一院制にしてしまえばよいというのは、あまりにも安直な議論であると懸念する人も少なくない。

 このような時に、参議院の歴史的経緯を含めて、すべてをひっくり返してしまうような参議院議員が登場してしまったことは、参議院の存在価値を一気に薄めてしまいかねない。これもひとつの時代の流れなのだろうか?

 - 政治 , , ,

  関連記事

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …