ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現実だった。日銀が事務局を務める金融広報中央委員会による調査結果は少々ショッキングな内容だった。貯蓄がますます難しくなる環境で、個人はどのようにして身を守ればよいのだろうか?

 同委員会が11月7日に発表した調査によれば、2人以上の世帯における預金や株式など金融資産の平均値は1101万円となり3年連続の減少となった。
 ここで預金などの平均が1000万円というとピンとこない人も多いだろう。それもそのはずで、平均値は金額が大きい人がいるとその人に引っ張られてしまうという特徴がある。一種の統計マジックだ。
 現実的な感覚にもっとも合っているのは中央値の方であり、こちらは330万円となっている。家族を持っている世帯の貯金が330万円と聞けば、何となく合点がいく数字である。
 ところが昨年の金額はなんと450万円であった。つまり、たった1年間で27%も貯金が減ってしまったのである。これは給料の引き下げ、失業などの理由で貯金を取り崩している人たちが多いことを示している。

 調査対象となった世帯の中で、金融資産がゼロ円と回答した世帯の割合は31%で前回の26%から大きく上昇した。さらに深刻なのが、世帯年収が1000万~1200万円という比較的高額な所得を得ている世帯で貯蓄ゼロの割合が急増しているという現実である。これは高額な住宅ローンを組んでしまったり、高級車や子供のお受験などが重なり、収入が減少してもこれまでの生活を変えられない人が増えていることを示している。

 安倍政権は財界に対して何度も賃上げを要請しており、大手企業の一部はこれに応じる構えを見せている。賃金が上昇すれば、苦しい家計も何とかやりくりできると期待している人も多いかもしれない。だが賃上げについてはあまり期待しない方がよい。

 2013年9月の中間決算では、製造業を中心に比較的良好な決算となる企業が目立っている。これは円安の効果によるものと思われるが、円安は売上げや利益の絶対値を上昇させるものの、利益率にはあまり貢献しない。企業は全体の収益力が向上しないと、給与の増額までは踏み切れないのだ。
 さらに問題なのが、円安による輸入価格の上昇でインフレが始まりつつあるという現実である。この状況で、仮に賃金が上昇してしまうと、さらにインフレが加速する可能性がある。日銀による量的緩和もこれを後押しするだろう。ひとたびインフレが始まってしまえば、賃金の上昇以上に物価が上がるので、実質的には賃下げに近い状態になってしまう。

 結局のところ、経済が順調に回り始めない限り、実質的な給与は増えないのである。貯蓄の減少は実は以前から始まっている。最初は若年層が多い単身世帯が中心であったが、これが2人以上の世帯にも及んできている。最後は日本でもっともリッチな高齢者層においても貯金の取り崩しが始まるだろう。
 そうなってしまうと、日本全体としては、設備投資を抑制するか、財政赤字を縮小させるか、あるいは経常収支を赤字にするしか道はなくなる。設備投資の抑制は経済成長にマイナスとなり、財政赤字の縮小は家計の負担増大を意味する。あまり夢のない話になってしまうが、この状況から身を守るためには、とにかくムダな支出を切り詰め、副収入を得るなどして、貯金の取り崩しを回避するしかない。

 家計の三大支出は、家と自動車と保険である。これ以外の項目で細かい節約をしてもあまり意味がない。収入の最大化と支出の極小化。身を守るには残念ながらそれがベストの方法のようである。これからは、家族全員が何らかの収入得られるよう努力し、ムダな支出のないシンプルな暮らしをすることが重要となるかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …