ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部合法化のテストがスタートする。当局の管理下のもとで、一定量の薬物を摂取できるようにするというもの。

 スイス、ルクセンブルグ、ドイツなどEU各国では、薬物は制限付きで合法化されているところが多い。オランダではコーヒーショップでのソフトドラッグの市販も認められている。
 2000年から薬物の購入・所有・個 人使用を認可したポルトガルでは、薬物の合法化によってヘロイン中毒者が半減したという報告もある。

 以前は薬物の流通は犯罪組織の独壇場であったが、グローバル化の進展でルートが一気に拡大し、価格も大幅に下がっている。脱法ドラッグの登場も後を絶たたないことから、下手に禁止して地下に潜るよりも、一定の管理下に置いた方がよいとの考え方に傾きつつある。

 日本でも脱法ドラッグや暴力団以外の流通ルートの拡大など同様の問題が発生している。薬物に対する姿勢が非常に厳しいことで知られるフランスが合法化に舵を切ったことで、日本の薬物対策にも影響が出てくる可能性がある。

 薬物や売春などについては、完全に禁止するのか、一部合法化して管理するのかという二つの考え方がある。完全に禁止すると表面上は良くなるが地下に潜る可能性が出てくる。一方、解禁してしまうと普及に歯止めがかからなくなるリスクを抱える。

 日本は薬物に関しては原則全面禁止という厳しい政策を取っているが、売春に関しては実質的に合法で当局の管理下に置かれている。これは一種のダブルスタンダードともいえる。
 だが売春についても、外国人の流入や、無許可営業店の増加などで、基本的な枠組みが崩れつつある。
 実はこれらの政策は警察の利権と密接に結びついている。従来の閉鎖的なムラ社会を前提とした警察のあり方が近年通用しなくなりつつある。薬物にとどまらず、売春や公営ギャンブルなどについて、総合的に議論する時期にさしかかっているといえよう。

 - 政治, 社会

  関連記事

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …