ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部合法化のテストがスタートする。当局の管理下のもとで、一定量の薬物を摂取できるようにするというもの。

 スイス、ルクセンブルグ、ドイツなどEU各国では、薬物は制限付きで合法化されているところが多い。オランダではコーヒーショップでのソフトドラッグの市販も認められている。
 2000年から薬物の購入・所有・個 人使用を認可したポルトガルでは、薬物の合法化によってヘロイン中毒者が半減したという報告もある。

 以前は薬物の流通は犯罪組織の独壇場であったが、グローバル化の進展でルートが一気に拡大し、価格も大幅に下がっている。脱法ドラッグの登場も後を絶たたないことから、下手に禁止して地下に潜るよりも、一定の管理下に置いた方がよいとの考え方に傾きつつある。

 日本でも脱法ドラッグや暴力団以外の流通ルートの拡大など同様の問題が発生している。薬物に対する姿勢が非常に厳しいことで知られるフランスが合法化に舵を切ったことで、日本の薬物対策にも影響が出てくる可能性がある。

 薬物や売春などについては、完全に禁止するのか、一部合法化して管理するのかという二つの考え方がある。完全に禁止すると表面上は良くなるが地下に潜る可能性が出てくる。一方、解禁してしまうと普及に歯止めがかからなくなるリスクを抱える。

 日本は薬物に関しては原則全面禁止という厳しい政策を取っているが、売春に関しては実質的に合法で当局の管理下に置かれている。これは一種のダブルスタンダードともいえる。
 だが売春についても、外国人の流入や、無許可営業店の増加などで、基本的な枠組みが崩れつつある。
 実はこれらの政策は警察の利権と密接に結びついている。従来の閉鎖的なムラ社会を前提とした警察のあり方が近年通用しなくなりつつある。薬物にとどまらず、売春や公営ギャンブルなどについて、総合的に議論する時期にさしかかっているといえよう。

 - 政治, 社会

  関連記事

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

iijima03
飯島氏訪朝に対して米国はとりあえず静観の構え。米国のホンネはどこにあるのか?

 北朝鮮メディアによると、北朝鮮を訪問中の飯島勲内閣官房参与は15日、北朝鮮労働 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …