ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・資本市場活性化有識者会合が11月11日スタートした。私的年金制度の創設などを通じて、預貯金に大きく偏っている金融資産を株式などのリスク資産に振り分ける。
 政府は「貯蓄から投資へ」というスローガンの下、過去10年以上にわたって貯蓄から株式へのシフトについて議論してきたが、まったく成果は上がっていない。市場関係者の多くは、今回の施策も失敗に終わる可能性が高いと見ている。

  日本は、米国などに比べて個人の金融資産における預貯金の割合が高く、これが資金の円滑な循環を妨げているといわれる。確かに日本の個人金融資産の54%は現預金で、株式(投資信託含む)は12%程度しかない。一方、米国は43%が株式で現預金は13%しかない。

 米国では多くの国民が何らかの形で株式投資を行っているため、株価が上昇するとすぐに消費が増えGDPが成長するという効果(資産効果)が得られる。また日本と異なり住宅の質が高く、資産価値が劣化しないので、容易に資産形成が可能となっている。米国のミドル層の生活が、日本人のミドル層よりも圧倒的に豊かなのは、これらが大きく影響している。

 「貯蓄から投資」へという政策はこれにならって日本の家計も株に投資させようというものである。しかし10年間の成果はほぼゼロであり、日本人はまったく株式に投資しようとしなかった。
 政府が打ち出す方策は、今回も含めてほぼすべてが、新制度の創設や優遇税制など、資金の出し手に理由があることを大前提としている。だが、日本において貯蓄から投資への流れがうまくいかないのは、資金の出し手が株式投資に対して極度に消極的だからではない。単純に株式投資に魅力がないので、投資しないだけというのが真実の姿である。政府はこの重大な点を見落としている。というよりも、分かっていてあえてそれを放置しているといった方が正確かもしれない。

 例えばバブル期に株価が急上昇した時には、金融資産における株式の割合は23%を超えていた。また2003年から2007年にかけての小泉政権下で株価が上昇した際には15%近い水準まで株式投資の割合は増えている。日本でも株価が上昇するという期待があれば、株式投資の割合は黙っていても増えてくるのだ。米国はリーマンショックを挟んでも、ここ20年で株価は一貫して上昇を続けており、すでに4倍の水準になっている。投資すれば儲かるのだから、多くの人が投資するのは当たり前といえる。

 バブル期と小泉改革期に共通して言えるのは、規制緩和に対する期待が大きく、多くの海外投資家が日本市場に参加したという点である。成熟期に入った国家において株価を上げるためには、規制のない自由な市場環境が必要なのである。だが、それは現在日本が行っている国家主導的な経済政策とは完全に矛盾する。国民はそのことをよく分かっているので、儲からない可能性の高い株式には投資しないのだ。

 このところ安倍政権は経済政策をめぐってちぐはぐな対応が目立っている。大胆な規制緩和や海外投資の受け入れなど、新自由主義的なスローガンを掲げる一方、足元では規制を強化し、特定産業に対する財政支援策を相次いで導入している。だが新自由主義的な政策はあくまでスローガンであり、現実には、日本経済は国家主導的な色彩をより強めている。このような政策の下では株価の継続的な上昇はあまり望めない。

 私的年金という形で個人の資金を直接リスク資産に振り向けるという今回の方策は、以前に導入した日本版401Kなどと同様、ほとんど機能しない可能性が高い。さらに言えば、多くの規制に守られた日本の公務員や規制産業関係者にとって、株式市場が活発になることなど、むしろ望んでいないだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

abesingapore
安倍首相が記者出身のスピーチライターを登用する本当の理由

 安倍政権は対外的な情報発信能力の強化を目指しており、首相は海外でのスピーチを重 …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …