ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させるための恩赦法案が11月11日、議会上院で否決された。タクシン氏の妹であるインラック首相は法案成立を断念する意向で、タクシン氏の帰国は難しい状況となった。

 タイでは、タクシン派と反タクシン派(官僚派)の間で激しい政治的対立が続いてきた。
 タクシン氏は実業家出身でタイ有数の富豪。首相に就任した2001年以降、官僚など既得権益層が持つ利権を破壊する構造改革を進め、地方へのバラマキ予算を実施、低所当者層や華僑財界人を中心に絶大な支持を得ていた。一方、官僚を中心とする反タクシン派は、タクシン氏の政策に激しく反発していた。
 タクシン氏は、自身が所有する企業の売却に際して不当な節税工作をしたとして反タクシン派から激しい非難を浴び、2006年には野党による事実上のクーデーターで失脚した。タクシン氏には汚職の罪で実刑判決が下されており、海外で亡命生活を送っている。

 タクシン氏の妹であるインラック首相率いる与党タイ貢献党は、タクシン氏が帰国できるよう、2004年以降の政治危機に関連した政治犯を恩赦する法案を下院で強行採決した。だが反タクシン派はこれに激しく反発し、首都のバンコク市内では大規模なデモが発生していた。結局、上院は全議員の反対で法案を否決し、インラック首相は法案成立を断念する意向を明らかにした。上院で否決された法案は下院に返付されるため、下院で再可決すれば施行させることも可能だが、首相は国内世論を優先したものと思われる。

 今回、法案を断念することになった背景には、タクシン氏の帰国について思いのほか国民からの反発が強かったという現実がある。当初インラック政権は、反タクシン派のみの反対を想定してたフシがあるが、フタをあけてみれば、一般国民の中にも恩赦法案に反発する人が多かった。確かにタクシン氏は絶大な人気を誇っていたが、政治家の人気には賞味期限がある。もしかするとタクシン氏もそろそろ過去の人になりつつあるのかもしれない。

 タイの政治は、官僚を中心とする既得権益層(反タクシン派)と企業家を中心とするアンチ既得権益派(タクシン派)の争いということで、日本の政治ともよく比較される。タイの田中角栄ともいわれたタクシン氏だが、恩赦法案の否決によって帰国のメドが立たなくなってしまった。当分の間、反タクシン派に有利な政治情勢が続くことになる。
 インラック首相は、兄の帰国のメドがつかない中で、今後どれだけ政治力を維持できるのか、その手腕が問われることになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
ヒラリー国務長官、2016年の大統領選挙に出馬の意向?

 ヒラリー・クリントン米国務長官が2016年の大統領選に出馬するとの噂が広がって …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …