ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させるための恩赦法案が11月11日、議会上院で否決された。タクシン氏の妹であるインラック首相は法案成立を断念する意向で、タクシン氏の帰国は難しい状況となった。

 タイでは、タクシン派と反タクシン派(官僚派)の間で激しい政治的対立が続いてきた。
 タクシン氏は実業家出身でタイ有数の富豪。首相に就任した2001年以降、官僚など既得権益層が持つ利権を破壊する構造改革を進め、地方へのバラマキ予算を実施、低所当者層や華僑財界人を中心に絶大な支持を得ていた。一方、官僚を中心とする反タクシン派は、タクシン氏の政策に激しく反発していた。
 タクシン氏は、自身が所有する企業の売却に際して不当な節税工作をしたとして反タクシン派から激しい非難を浴び、2006年には野党による事実上のクーデーターで失脚した。タクシン氏には汚職の罪で実刑判決が下されており、海外で亡命生活を送っている。

 タクシン氏の妹であるインラック首相率いる与党タイ貢献党は、タクシン氏が帰国できるよう、2004年以降の政治危機に関連した政治犯を恩赦する法案を下院で強行採決した。だが反タクシン派はこれに激しく反発し、首都のバンコク市内では大規模なデモが発生していた。結局、上院は全議員の反対で法案を否決し、インラック首相は法案成立を断念する意向を明らかにした。上院で否決された法案は下院に返付されるため、下院で再可決すれば施行させることも可能だが、首相は国内世論を優先したものと思われる。

 今回、法案を断念することになった背景には、タクシン氏の帰国について思いのほか国民からの反発が強かったという現実がある。当初インラック政権は、反タクシン派のみの反対を想定してたフシがあるが、フタをあけてみれば、一般国民の中にも恩赦法案に反発する人が多かった。確かにタクシン氏は絶大な人気を誇っていたが、政治家の人気には賞味期限がある。もしかするとタクシン氏もそろそろ過去の人になりつつあるのかもしれない。

 タイの政治は、官僚を中心とする既得権益層(反タクシン派)と企業家を中心とするアンチ既得権益派(タクシン派)の争いということで、日本の政治ともよく比較される。タイの田中角栄ともいわれたタクシン氏だが、恩赦法案の否決によって帰国のメドが立たなくなってしまった。当分の間、反タクシン派に有利な政治情勢が続くことになる。
 インラック首相は、兄の帰国のメドがつかない中で、今後どれだけ政治力を維持できるのか、その手腕が問われることになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …