ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

岡田副総理が事実上領土問題の存在を肯定。中国側はこれを着地点とみなしている

 

 「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」との岡田克也副総理の発言が中国メディアで大々的に取り上げられている。

 岡田氏は21日、和歌山市で講演し「都が尖閣問題に乗り 出したのは間違いだった」「尖閣は領土問題ではないが議論があることは事実」と発言した。
 尖閣諸島について日本は領土問題は存在しないというのがこれまでの正式見解。岡田氏の発言は、これを形式的に踏襲してはいるものの「議論が存在する」として、事実上領土問題があることを認めた格好だ。

 これに一気に喰い付いたのが中国メディア。「とうとう日本が領土問題の存在を認めた」と各誌が大々的に報じている。また一時帰国している丹羽中日大使が、日中関係について「このまま放置すれば修復に40年以上かかる」と発言したことについても、中国側は高く評価する報道を繰り返している。

 一方中国側は、日本と中国の貿易額が巨額であることに触れ、日中関係がこれ以上悪化すると日本は自分の首を絞めるというトーンの報道も多数流している。これは、中国側にもこれ以上日本との貿易に支障が出ては困るという意識があることを意味している。
 中国のメディアが政府と共産党の管理下にあることを考えると、日本側が領土問題の存在を認める、というところで手打ちをしたいというサインとも読むことができるだろう。

 日本側は経済団体の圧力もあり、とにかく問題を終結させたがっている。その点を中国側に見透かされた格好だ。もしそうなった場合には、日本はこれまで存在しないとしてきた領土問題を国際的に認めてしまうという一方的な譲歩で問題が終結することになる。

 もともと尖閣問題の国有化は、東京都の土地購入をきっかけとして場当たり的に行われたもので、戦略性のカケラもない。日本は政府レベルでも企業レベルでも戦略性が著しく欠如している。戦略なき取り組みは失敗に終わることがほとんどである。今回もその格好の教材となる可能性が高くなってきた。

 - 政治

  関連記事

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

no image
ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑と …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …