ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは市場予想通り大幅減速。ますます高まる公共事業への依存体質

 

 内閣府が11月14日に発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、市場の予想通り、前期よりも大幅に落ち込んだ。実質GDP成長率は前期比0.5%増、年率換算では1.9%増 だった。前期は年率換算で3.8%、その前の期は4.3%だったことを考えると、景気が失速してきた可能性が高い。

 多くの民間エコノミストが1.6%~1.8%程度の成長率を予測していたことから結果に大きな驚きはない(本誌記事「消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大」参照)。
 7~9月期は輸出の落ち込みが大きく、これがGDPを引き下げる可能性高いといわれていた。また夏場以降、小売店の売上げが低迷しており、個人消費の伸び悩みも示唆されていた。フタを開けてみれば、純輸出は前期比で0.6%のマイナスとなり、個人消費は0.1%の増加にとどまった。

 個人消費が伸び悩み、輸出が大幅に減少する中、1.9%成長を維持することができたのは、公共事業と消費増税を前にした住宅の駆け込み需要である。公的固定資本形成(公共事業)は前期比6.5%と大幅な伸びを示したほか、住宅投資も2.7%の増加となった。特に公共事業については、過去3四半期で2.5%、4.8%、6.5%と連続して増加している。日本経済は完全に公共事業依存型になってきている。
 個人消費以外で、民間主導の景気回復のカギを握るのは企業の設備投資だが、こちらは冴えない状態が続いている。過去3四半期の延びはそれぞれ0.1%、1.1%、0.2%である。

 こうなってくると危惧されるのが、来年度の景気動向である。消費税が増税されてしまうと、住宅の駆け込み需要は一気に冷え込んでしまう。政府は消費税対策として大型の補正予算を編成する予定であり、来年度の当初予算も100兆円規模となる可能性が高い。だが民間支出も含めると20兆円規模であった今年の景気対策に比べれば小規模となる可能性が高く、景気がさらに失速する可能性がある。

 ちなみに名目GDPの成長率は前期比プラス0.5%となっており、実質GDPを上回っている。この結果は、この四半期もまだデフレが続いているということを示している。公共事業に依存した成長と、継続するデフレ。循環的要因としては、景気が上向くフェーズに入っている可能性が高いものの、日本経済が抱えている基本的な構造はあまり変わっていないと考えた方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …