ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは市場予想通り大幅減速。ますます高まる公共事業への依存体質

 

 内閣府が11月14日に発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、市場の予想通り、前期よりも大幅に落ち込んだ。実質GDP成長率は前期比0.5%増、年率換算では1.9%増 だった。前期は年率換算で3.8%、その前の期は4.3%だったことを考えると、景気が失速してきた可能性が高い。

 多くの民間エコノミストが1.6%~1.8%程度の成長率を予測していたことから結果に大きな驚きはない(本誌記事「消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大」参照)。
 7~9月期は輸出の落ち込みが大きく、これがGDPを引き下げる可能性高いといわれていた。また夏場以降、小売店の売上げが低迷しており、個人消費の伸び悩みも示唆されていた。フタを開けてみれば、純輸出は前期比で0.6%のマイナスとなり、個人消費は0.1%の増加にとどまった。

 個人消費が伸び悩み、輸出が大幅に減少する中、1.9%成長を維持することができたのは、公共事業と消費増税を前にした住宅の駆け込み需要である。公的固定資本形成(公共事業)は前期比6.5%と大幅な伸びを示したほか、住宅投資も2.7%の増加となった。特に公共事業については、過去3四半期で2.5%、4.8%、6.5%と連続して増加している。日本経済は完全に公共事業依存型になってきている。
 個人消費以外で、民間主導の景気回復のカギを握るのは企業の設備投資だが、こちらは冴えない状態が続いている。過去3四半期の延びはそれぞれ0.1%、1.1%、0.2%である。

 こうなってくると危惧されるのが、来年度の景気動向である。消費税が増税されてしまうと、住宅の駆け込み需要は一気に冷え込んでしまう。政府は消費税対策として大型の補正予算を編成する予定であり、来年度の当初予算も100兆円規模となる可能性が高い。だが民間支出も含めると20兆円規模であった今年の景気対策に比べれば小規模となる可能性が高く、景気がさらに失速する可能性がある。

 ちなみに名目GDPの成長率は前期比プラス0.5%となっており、実質GDPを上回っている。この結果は、この四半期もまだデフレが続いているということを示している。公共事業に依存した成長と、継続するデフレ。循環的要因としては、景気が上向くフェーズに入っている可能性が高いものの、日本経済が抱えている基本的な構造はあまり変わっていないと考えた方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …