ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは市場予想通り大幅減速。ますます高まる公共事業への依存体質

 

 内閣府が11月14日に発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、市場の予想通り、前期よりも大幅に落ち込んだ。実質GDP成長率は前期比0.5%増、年率換算では1.9%増 だった。前期は年率換算で3.8%、その前の期は4.3%だったことを考えると、景気が失速してきた可能性が高い。

 多くの民間エコノミストが1.6%~1.8%程度の成長率を予測していたことから結果に大きな驚きはない(本誌記事「消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大」参照)。
 7~9月期は輸出の落ち込みが大きく、これがGDPを引き下げる可能性高いといわれていた。また夏場以降、小売店の売上げが低迷しており、個人消費の伸び悩みも示唆されていた。フタを開けてみれば、純輸出は前期比で0.6%のマイナスとなり、個人消費は0.1%の増加にとどまった。

 個人消費が伸び悩み、輸出が大幅に減少する中、1.9%成長を維持することができたのは、公共事業と消費増税を前にした住宅の駆け込み需要である。公的固定資本形成(公共事業)は前期比6.5%と大幅な伸びを示したほか、住宅投資も2.7%の増加となった。特に公共事業については、過去3四半期で2.5%、4.8%、6.5%と連続して増加している。日本経済は完全に公共事業依存型になってきている。
 個人消費以外で、民間主導の景気回復のカギを握るのは企業の設備投資だが、こちらは冴えない状態が続いている。過去3四半期の延びはそれぞれ0.1%、1.1%、0.2%である。

 こうなってくると危惧されるのが、来年度の景気動向である。消費税が増税されてしまうと、住宅の駆け込み需要は一気に冷え込んでしまう。政府は消費税対策として大型の補正予算を編成する予定であり、来年度の当初予算も100兆円規模となる可能性が高い。だが民間支出も含めると20兆円規模であった今年の景気対策に比べれば小規模となる可能性が高く、景気がさらに失速する可能性がある。

 ちなみに名目GDPの成長率は前期比プラス0.5%となっており、実質GDPを上回っている。この結果は、この四半期もまだデフレが続いているということを示している。公共事業に依存した成長と、継続するデフレ。循環的要因としては、景気が上向くフェーズに入っている可能性が高いものの、日本経済が抱えている基本的な構造はあまり変わっていないと考えた方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …