ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・イエレン副議長の議会公聴会に先立ち、議会証言の声明文を発表した。以前から予想されていた通り、イエレン氏は失業率を極めて重視しており、声明文にもそれが色濃く反映される形となった。現在7.3%となっている失業率が明確に低下しない限りは、緩和策を継続する可能性が高い。

 イエレン氏は冒頭で、米国経済は強く回復しているとしながらも、金融危機で失われたものを取り戻すためには、まだ長い道のりが必要であるとした。また7.3%の失業率は「高すぎる」としており、現状の雇用市場にはまったく満足してないことを強調した。
 米国の失業率があまり下がらないことについては、米国の景気回復が不十分であることのサインとする見方と、産業構造の転換が原因でありジョブレスリカバリー(雇用なき景気回復)になっているだけという見方に分かれている。
 事前の予想通り、イエレン氏は前者に属しており、失業率の数字を極めて重視していることがはっきりしたことから、市場では当分の間、緩和が継続するとの見方が広がっている。

  懸念される出口戦略については「力強い経済の回復が、量的緩和策への依存度を減らすためのもっとも確実な方法である」とし、十分な緩和を行うことが、逆に出口戦略を容易にするとの見方を示した。この点についても、市場は緩和の長期化を示唆するものと捉えている。
 またインフレ率については、将来的にも低く、安定した状態を保つことが望ましいとしており、当分の間、2%以下という現在の水準を継続させる方針であることを明らかにした。

 金融システムの安定化については、自己資本規制の強化、手元資金の確保、さらには監督の強化など、十分な対策を取る必要があるとしており、これらは「大きすぎてつぶせない」という問題に対処するための重要な方策であるとの認識を示した。

 イエレン氏による声明を受けて、ニューヨーク株式市場ではダウ平均株価が約0.5%上昇し、債券市場では逆に1.6%金利が低下した(債券価格は上昇)。7日に発表された7~9月期のGDPは年率換算でプラス2.8%と良好な数値だった。続く8日に発表された雇用統計も非農業部門雇用者数(季節調整済み)が前月比で20万4000人の増加となり、事前予想を大きく上回った。
 好調な指標が続く中での慎重論であり、緩和継続ということになるので、株式市場は当分の間、堅調な動きが続くことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …