ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がっている。

 スイスの金融大手クレディ・スイスが発表した2012年の世界富裕層数ランキングによると、8000万円以上の純資産を持つ富裕層は日本に約360万人おり、米国についで2位となった。前年より約8万3000人増えているという。

 だが、どう考えも今の日本でお金持ちがたくさんいるとは思えない。その秘密は円高と高齢者ばかり優遇する日本の政策にあった。

 富裕層が増えたもっとも大きな要因は円高である。同レポートの資産額はすべてドル換算で比較されている。強烈に円高が進んだ日本は相対的にかなり有利なポジションにある。バブル絶頂期、1ドルは240円であった。30年間で円は3倍に上昇したのだから、資産額も増えて当然である。

 また資産のほとんどが高齢者が所有する不動産に偏っていることも大きい。近年是正されてきたとはいえ、日本の土地価格は国の政策によって法外に高く設定されてきた。しかも高齢者は手厚い年金で生活が保証されており、土地を手放す必要がない。結果として見かけ上の資産額が大きい不動産が温存され、全体的な資産額を押し上げている。
 東京郊外でちょっとした土地を親から引き継いだ人であれば、見かけ上の資産が8000万円に到達するケースは少なくない。本来そのような人は引退後は土地を売却し、貯金を取り崩しながら生活をするものだが、高額の年金が支給される日本でその必要はない。彼らの生活は庶民そのものだがカウント上は富裕層なのだ。

 その証拠に、約40億円以上の純資産を持つ超富裕層の数は激減し、80億円以上に至っては世界15位にも入らない。

 日本の貧困化は想像を超えるスピードで進んでいる。今後、円安が一気に進む可能性が高く、若い世代は貯蓄も資産もない人がほとんどだ。十年後の富裕層ランキングでは日本の名前は跡形もなく消え去っているかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …