ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統領がアーリントン国立墓地にあるケネディ氏の墓を訪れたほか、メディアではケネディ氏に関する特集が組まれている。
 ケネディ氏は、従来にない斬新なイメージをワシントンにもたらし、公民権運動に道筋を付けた歴史的な政治家であり、今でも米国民がもっともあこがれる人物の一人である。一方でベトナム戦争を事実上スタートさせたり、一族が常にマフィアとのトラブルを抱えるなど、多くの負の側面も持ち合わせている。ケネディ氏の暗殺をめぐる真相はいまだに謎のままだ。

 ケネディ氏のカリスマ的な人気には、人種や階級に対する米国人のアンビバレントな感情が大きく影響しており、日本人には少し理解しにくい部分がある。

 ケネディ氏は米国でも有数の資産家の生まれであり、ハーバード大卒という高い学歴や、さわやかなルックスなど、典型的なスター政治家としての素養を持っている。また従来の古くさい政権とは異なり、スター学者や若手を積極的にホワイトハウスのスタッフに登用し、斬新なイメージを演出した。だがケネディ氏に対する尋常ではない人気の背景には、やはり米国の人種問題が大きく影響しており、それは今でも続いている。

 米国では、WASP(ホワイトアングロサクソンプロテスタント)という言葉に代表されるように、プロテスタントのアングロサクソン系が圧倒的な支配力を持っていた。このためカトリック教徒であるイタリア系やアイルランド系は白人社会の中で長く差別されてきた。米国には、白人対黒人という人種問題に加えて、白人内部での差別も根強かったのである。現在でもカトリック教徒で大統領になった人物はケネディ氏しかいない。

 米国の歴史に必ず登場する犯罪集団であるマフィアはイタリア系の組織だが、イタリア系やアイルランド系に犯罪組織が多かったことは、こうした環境が大きく影響している。

 一方同じカトリックでもフランス系だけは別格で、口には出さないが多くのアメリカ人がいまだにフランスにコンプレックスを持っている。土地や株で成功した、いわゆる成金長者の夫人が急にフランス語を勉強しはじめるというのは、いまでもよく見られる光景である。ケネディ家がいかにもフランス系らしい名字であったジャクリーン夫人との結婚を強く望んだのも、政治的な思惑があってのことである。

 ケネディ氏の父親であるジョセフ・ケネディ氏は、階級や差別と戦い、密造酒や高利貸し、企業の乗っ取りといった半ばグレーなビジネスで大成功した苦労人である。こうした荒っぽいサクセス・ストーリーは多くの米国人の共感を呼び、ケネディ家をセレブとしてもてはやす一方、欧州型階級社会へのあこがれも強く、ケネディ家の前歴を嫌う人も多かった。

 ケネディ氏が大統領選で勝ち抜くための巨額の資金は、ジョセフ氏のビジネスによってもたらされた。ケネディ家の資産は莫大なものであり、ジョセフ氏の孫の一人(つまりケネディ大統領の娘)で新しく駐日大使に任命されたキャロライン氏の分だけでも273億円に達する(本誌記事「ケネディ駐日大使の資産は273億円。資産の中身を詳細に検証してみると」参照)。ほかにも遺産を引き継いだ多くの親族がいることを考えると一族の資産総額は想像を絶する規模といえるだろう。
 ジョセフ氏がこの資産を作る過程では表には出せない多くの犠牲もあったと考えられる。ケネディ家は対立するマフィアとのトラブルが絶えず、それはケネディ氏が大統領に就任してからも続いた。また白人至上主義の保守的な米国人はケネディ氏のことを生理的に嫌っており、特に南部ではその傾向が強かった。

 ケネディ氏の暗殺をめぐっては、ホワイトハウスが権力を独占したことで軍産複合体の怒りを買ったという説や、対立するマフィアとの抗争説、アイルランド系を嫌う差別主義者の報復説など、様々なものがあり、どれも一理あるが、決定的なものはない。

 現代の米国は価値観の多様化や経済のグローバル化が進み、人種問題は以前に比べれば薄れてきている。というよりも、中南米系移民やアジア系移民の急増で、人種問題はより複雑化しているといった方が正しい。今でも、米国メディアの社会面や政治面は人種の話題で溢れているし、多くの米国人にとって人種への関心はかなり高い。
 既存のあらゆる価値観とぶつかり合ったケネディ政権は、人種や階級に対する米国人のアンビバレントな感情の象徴といえる。そうであればこそ、ケネディ氏は永遠に米国人の心に絶大な影響を与え続けているのかもしれない。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …