ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統領がアーリントン国立墓地にあるケネディ氏の墓を訪れたほか、メディアではケネディ氏に関する特集が組まれている。
 ケネディ氏は、従来にない斬新なイメージをワシントンにもたらし、公民権運動に道筋を付けた歴史的な政治家であり、今でも米国民がもっともあこがれる人物の一人である。一方でベトナム戦争を事実上スタートさせたり、一族が常にマフィアとのトラブルを抱えるなど、多くの負の側面も持ち合わせている。ケネディ氏の暗殺をめぐる真相はいまだに謎のままだ。

 ケネディ氏のカリスマ的な人気には、人種や階級に対する米国人のアンビバレントな感情が大きく影響しており、日本人には少し理解しにくい部分がある。

 ケネディ氏は米国でも有数の資産家の生まれであり、ハーバード大卒という高い学歴や、さわやかなルックスなど、典型的なスター政治家としての素養を持っている。また従来の古くさい政権とは異なり、スター学者や若手を積極的にホワイトハウスのスタッフに登用し、斬新なイメージを演出した。だがケネディ氏に対する尋常ではない人気の背景には、やはり米国の人種問題が大きく影響しており、それは今でも続いている。

 米国では、WASP(ホワイトアングロサクソンプロテスタント)という言葉に代表されるように、プロテスタントのアングロサクソン系が圧倒的な支配力を持っていた。このためカトリック教徒であるイタリア系やアイルランド系は白人社会の中で長く差別されてきた。米国には、白人対黒人という人種問題に加えて、白人内部での差別も根強かったのである。現在でもカトリック教徒で大統領になった人物はケネディ氏しかいない。

 米国の歴史に必ず登場する犯罪集団であるマフィアはイタリア系の組織だが、イタリア系やアイルランド系に犯罪組織が多かったことは、こうした環境が大きく影響している。

 一方同じカトリックでもフランス系だけは別格で、口には出さないが多くのアメリカ人がいまだにフランスにコンプレックスを持っている。土地や株で成功した、いわゆる成金長者の夫人が急にフランス語を勉強しはじめるというのは、いまでもよく見られる光景である。ケネディ家がいかにもフランス系らしい名字であったジャクリーン夫人との結婚を強く望んだのも、政治的な思惑があってのことである。

 ケネディ氏の父親であるジョセフ・ケネディ氏は、階級や差別と戦い、密造酒や高利貸し、企業の乗っ取りといった半ばグレーなビジネスで大成功した苦労人である。こうした荒っぽいサクセス・ストーリーは多くの米国人の共感を呼び、ケネディ家をセレブとしてもてはやす一方、欧州型階級社会へのあこがれも強く、ケネディ家の前歴を嫌う人も多かった。

 ケネディ氏が大統領選で勝ち抜くための巨額の資金は、ジョセフ氏のビジネスによってもたらされた。ケネディ家の資産は莫大なものであり、ジョセフ氏の孫の一人(つまりケネディ大統領の娘)で新しく駐日大使に任命されたキャロライン氏の分だけでも273億円に達する(本誌記事「ケネディ駐日大使の資産は273億円。資産の中身を詳細に検証してみると」参照)。ほかにも遺産を引き継いだ多くの親族がいることを考えると一族の資産総額は想像を絶する規模といえるだろう。
 ジョセフ氏がこの資産を作る過程では表には出せない多くの犠牲もあったと考えられる。ケネディ家は対立するマフィアとのトラブルが絶えず、それはケネディ氏が大統領に就任してからも続いた。また白人至上主義の保守的な米国人はケネディ氏のことを生理的に嫌っており、特に南部ではその傾向が強かった。

 ケネディ氏の暗殺をめぐっては、ホワイトハウスが権力を独占したことで軍産複合体の怒りを買ったという説や、対立するマフィアとの抗争説、アイルランド系を嫌う差別主義者の報復説など、様々なものがあり、どれも一理あるが、決定的なものはない。

 現代の米国は価値観の多様化や経済のグローバル化が進み、人種問題は以前に比べれば薄れてきている。というよりも、中南米系移民やアジア系移民の急増で、人種問題はより複雑化しているといった方が正しい。今でも、米国メディアの社会面や政治面は人種の話題で溢れているし、多くの米国人にとって人種への関心はかなり高い。
 既存のあらゆる価値観とぶつかり合ったケネディ政権は、人種や階級に対する米国人のアンビバレントな感情の象徴といえる。そうであればこそ、ケネディ氏は永遠に米国人の心に絶大な影響を与え続けているのかもしれない。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

noumiso
ゲームが認知症に効果があるとの研究で、再び脳トレに注目が集まるか?

 ゲームを通じて脳を鍛えるいわゆる「脳トレ」の効果に関する議論が米国で盛んになっ …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …