ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11月12日に閉幕したことを受けて、今後の改革の重点項目を示した「改革の全面的深化における重大問題に関する決定」(「以下決定」)の全文を公開した。ここには中国が現在抱える社会的な問題が色濃く反映されており、日本との共通点も多いことが分かる。

  決定においてもっとも重要な問題として位置付けられているのが中国の人口問題である。

 中国は人口の急増を抑制するため長く一人っ子政策を続けてきた。これによって人口の爆発的な増加は抑えることができたが、高齢化が日本以上のスピードで進展する結果となっている。これによって十分な年金制度が構築できない、労働力が不足するといった事態が予想され、党にはその対策が求められていた。

 決定では、計画出産という基本方針は堅持しながらも、「単独二胎」(夫婦のどちらかが一人っ子なら、第2子の出産を認める政策)の開始を発表した。また同時に定年の引き上げも実施することを決定した。日本ではすでに構築した年金制度の破綻が懸念されており、中国ではこのままでは十分な年金制度が構築できないことが懸念されているという違いはあるが、生産年齢人口の相対的な減少という意味では、抱えている課題は共通だ。

 また大学の入試改革や企業環境の整備も、広い意味で人口動態と大きく関係している。中国は急速に豊かになったため、大学への進学率が急拡大したが、中国経済には大量の大卒者をすべて受け入れる厚みはまだない。中国の大卒者の35%は就職できない状況となっており、ペーパー試験一辺倒の画一的な試験制度にも批判が集まっている。
 日本ではちょうど大学院卒業者に同じような現象が起こっている。日本がなかなか知識産業に移行できないので、大量の大学院卒業者を社会が持てあましているのである。決定では多元的な選抜システムへ移行するとしており、これも現在の日本とよく似た状態といえるだろう。

 起業環境の整備も同じだ。中国は日本と比べるとベンチャー企業の活動は活発だが、その実態は欧米とは大きく異なっている。党や政府にコネがある人物が、それを利用してビジネスを起こすというパターンが多く、その意味では日本と同様、起業大国とはいえない。決定では、政府が起業に対するインセンティブを与え、起業をしやすくするという。これには大卒者の就職対策も含まれていると考えられる。

 最後は農村改革とエネルギー価格に対する市場メカニズムの導入である。中国の農地は国が保有しており、厳密な意味での所有権は農民にはない。決定ではこれを順次緩和し、株式会社の許可など、事実上の所有権に近い形態を導入するとしている。日本も農地の株式会社による運営は禁止されており、中国ほどではないが、それに近い制限がある。TPPの導入をきっかけに、日本でも農地に関する制限の緩和が検討されているが、あまり進展していない。
 水、電気、ガスなどのエネルギー価格も同様である。よく知られているように、日本の電気供給は電力会社による地域独占が保証されており、中国の統制価格制度に近い状況となっている。中国で市場メカニズムの導入が進めば、場合によっては日本よりも市場化が早く進むことになるかもしれない。

 このように、日本と中国は、レベルこそ大きく異なるが、共通の社会的課題を抱えていることがよく分かる。中国は日本が抱える問題を研究し尽くしており、「日本化」による長期停滞を防ごうという意識が非常に強い。日本がこのまま改革を怠っていると、中国の改革に学ばなければいけないというような事態にもなりかねないのだ。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …