ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。

 ロシアの国営石油最大手ロスネフチは22日、英BPが保有するロシア3位の石油会社TNK─BPの株式を買い取り、同社を傘下に収めると発表した。買収額は合計で約550億ドルなる予定。一方、BPは売却代金の一部をロスネフチの株式で受け取り、同社に20%出資する大株主となる。
 ロスネフチはTNK─BPの買収によって米エクソンモービル抜き、上場企業としては世界最大の石油会社となる。

 ロシアはエネルギー分野での覇権を重視しており、ロスネフチが世界最大の石油会社となる意義は大きい。一方英国側は、世界的に影響力の大きいロシアの石油会社の大株主となることで、間接的に発言力を維持したい意向。いわば猛獣を使って自らのポジションを高めるという諸刃の剣ような危険なゲームだ。

 ロシアは欧州債務危機問題で国家破綻の危機にあるキプロスのガス田開発にも名乗りをあげている。だがキプロスのガス田にはイスラエルやトルコの国益が絡んでおり、一歩間違えると国際紛争にも発展しかねない。

 不気味な動きをするロシアだが、日本も無関係ではいられない。

 ロシアは日本に対してもアプローチをかけてきている。現在は一時棚上げになっているが、サハリンから北海道に直接ガスのパイプラインを引く計画もあった。領土問題をきっかけにロシアが日本に対してパッケージディール(複数のテーマを一緒に交渉すること)をもちかけてくる可能性もある。
 日本では原発が停止し、海外からの石油やガスに依存する体質に変わってしまった。日米安保は形骸化しつつあり、これまでのように何も考えずに中東の石油を安易に輸入できる保証はなくなっているのだ。

 ロシアのような国はまさにそのような弱点を突くのがうまい。日本はすでに大国ではなくなっており、今後は各国のエネルギー政策に翻弄される運命にある。ロシアの対外的なエネルギー政策には注意が必要だ。

 - 政治, 経済

  関連記事

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

cross
米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまで …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …