ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。

 ロシアの国営石油最大手ロスネフチは22日、英BPが保有するロシア3位の石油会社TNK─BPの株式を買い取り、同社を傘下に収めると発表した。買収額は合計で約550億ドルなる予定。一方、BPは売却代金の一部をロスネフチの株式で受け取り、同社に20%出資する大株主となる。
 ロスネフチはTNK─BPの買収によって米エクソンモービル抜き、上場企業としては世界最大の石油会社となる。

 ロシアはエネルギー分野での覇権を重視しており、ロスネフチが世界最大の石油会社となる意義は大きい。一方英国側は、世界的に影響力の大きいロシアの石油会社の大株主となることで、間接的に発言力を維持したい意向。いわば猛獣を使って自らのポジションを高めるという諸刃の剣ような危険なゲームだ。

 ロシアは欧州債務危機問題で国家破綻の危機にあるキプロスのガス田開発にも名乗りをあげている。だがキプロスのガス田にはイスラエルやトルコの国益が絡んでおり、一歩間違えると国際紛争にも発展しかねない。

 不気味な動きをするロシアだが、日本も無関係ではいられない。

 ロシアは日本に対してもアプローチをかけてきている。現在は一時棚上げになっているが、サハリンから北海道に直接ガスのパイプラインを引く計画もあった。領土問題をきっかけにロシアが日本に対してパッケージディール(複数のテーマを一緒に交渉すること)をもちかけてくる可能性もある。
 日本では原発が停止し、海外からの石油やガスに依存する体質に変わってしまった。日米安保は形骸化しつつあり、これまでのように何も考えずに中東の石油を安易に輸入できる保証はなくなっているのだ。

 ロシアのような国はまさにそのような弱点を突くのがうまい。日本はすでに大国ではなくなっており、今後は各国のエネルギー政策に翻弄される運命にある。ロシアの対外的なエネルギー政策には注意が必要だ。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

dendokogu
法人向けアマゾンビジネスの最終目標はアスクルではなくモノタロウ?

 これまで個人の利用者を主なターゲットとしてきたアマゾンが、いよいよ法人向けのサ …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

carney
北朝鮮側に戦争の意図はない?攻撃的な口調とは反対に部隊に大きな動きはなし

 韓国との「戦争状態」突入を宣伝するなど、朝鮮半島では緊張が極度に高まっているが …