ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。

 ロシアの国営石油最大手ロスネフチは22日、英BPが保有するロシア3位の石油会社TNK─BPの株式を買い取り、同社を傘下に収めると発表した。買収額は合計で約550億ドルなる予定。一方、BPは売却代金の一部をロスネフチの株式で受け取り、同社に20%出資する大株主となる。
 ロスネフチはTNK─BPの買収によって米エクソンモービル抜き、上場企業としては世界最大の石油会社となる。

 ロシアはエネルギー分野での覇権を重視しており、ロスネフチが世界最大の石油会社となる意義は大きい。一方英国側は、世界的に影響力の大きいロシアの石油会社の大株主となることで、間接的に発言力を維持したい意向。いわば猛獣を使って自らのポジションを高めるという諸刃の剣ような危険なゲームだ。

 ロシアは欧州債務危機問題で国家破綻の危機にあるキプロスのガス田開発にも名乗りをあげている。だがキプロスのガス田にはイスラエルやトルコの国益が絡んでおり、一歩間違えると国際紛争にも発展しかねない。

 不気味な動きをするロシアだが、日本も無関係ではいられない。

 ロシアは日本に対してもアプローチをかけてきている。現在は一時棚上げになっているが、サハリンから北海道に直接ガスのパイプラインを引く計画もあった。領土問題をきっかけにロシアが日本に対してパッケージディール(複数のテーマを一緒に交渉すること)をもちかけてくる可能性もある。
 日本では原発が停止し、海外からの石油やガスに依存する体質に変わってしまった。日米安保は形骸化しつつあり、これまでのように何も考えずに中東の石油を安易に輸入できる保証はなくなっているのだ。

 ロシアのような国はまさにそのような弱点を突くのがうまい。日本はすでに大国ではなくなっており、今後は各国のエネルギー政策に翻弄される運命にある。ロシアの対外的なエネルギー政策には注意が必要だ。

 - 政治, 経済

  関連記事

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

no image
世界の中心でインフレを叫ぶ

 このご時勢にインフレなどと言ったら「お前頭がおかしいんじゃないか?」言われそう …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …