ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副首相と会談した。日本側は、習近平国家主席や李克強首相など党と政府の最高指導者との会談を希望していたが実現しなかった。

  今回訪中したのは、張富士夫トヨタ自動車名誉会長や米倉弘昌日本経団連会長以下、日中経済協会のメンバー約180名。中国の経済貿易促進団体である中国国際貿易促進委員会の招待で訪中が実現した。
 一行は18日に中国入りし、汪洋副首相との会談のほか、商務部(商務省)、工業・情報化部(工業・情報化省)など各省幹部との会談や各都市の視察などが予定されている。滞在は24日までの予定。

 中国では、党の今後の方針を決定する3中全会が終了し、経済改革の重点項目が発表されたばかりである。投資や貿易に関する交渉を行うには非常によいタイミングであり、訪中団もそのあたりを見込んでいたかもしれない。
 実際、同じ18日には米国のクリントン元大統領が北京を訪問し、人民大会堂において習近平国家主席と会談。クリントン氏は3中全会が無事終了したことに対する祝辞を述べている。
 日本側は、習近平国家主席もしくは李克強首相との会談を強く望んでいたが実現しなかった。中国の外交スタイルは、誰にどこで会うのか、またホテルをどこに指定するのかで、はっきりと相手をランク付けするという明快なものである。中国側がこのところ態度を軟化させているとの情報もあったが、少なくとも表面上は、冷え切った日中関係を象徴する形に終わった。

 もっとも今回、訪中団が会談した汪洋副首相は、改革派のホープといわれており、李克強首相からの信頼も厚い。経済やビジネスに関する卓越した見識を持った政治家であり、今後の日本とのパイプ役としてはふさわしい人物といえるだろう。

 ただ中国内部の政治的な動きという面では不安材料も多い。中国の経済改革は李克強首相を中心に国務院(政府)主導で進められているが、李氏は胡錦濤前国家主席の派閥に属しており、保守的な派閥とは対立関係にある。党の保守派の中には経済改革そのものに反発している人も多く、経済改革が順調に進むのかは不透明だ。汪洋副首相は前回の党大会で政治局常務委員入りが噂されていたが、保守派の猛反発によって常務委員入りを阻まれたという経緯がある。

 中国が本音では日本との経済関係の縮小を望んでいないのは明らかだが、政治を含めた最終的な方向性がどうなるのかは、すべて米国との交渉にかかっている。米中交渉の過程で、米国が日中の関係修復を強く望めば、国内世論を無視してでも、中国が態度を軟化させる可能性は高い。
 だが、安全保障問題を含めた米中関係の行方がはっきりしないうちは、日中関係だけが先行して進んでいくとは考えにくい。その意味で、今回の訪中はまだタイミングが早すぎたかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

obamashori
一目瞭然!米国の得票地図で見る大統領選挙の結果。なぜオバマは勝てたのか?

 米国大統領選挙は、現職のオバマ大統領の勝利となった。この原稿を書いている時点で …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …