ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に対し2200万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 問題となった記事は、同誌9月20日号で、訴状によると関係者の証言として「30人以上の女性を自宅に宿泊させた」などと記述した部分が名誉毀損(きそん)に当たるとしている。

 近年、政治家がマスコミを訴えるケースが増えてきている。しかも多くが大したことのない内容である。以前の政治家は自身のスキャンダルについてマスコミを訴えることなどなかった。
 政治家は一般国民とは異なり、公の場で自らの意見を堂々と表明できる立場にある。またリーダーとしての意識も高く、政治家は小さいことでやたらめったらキーキー騒いで、司法などに訴え出るものではないという意識が強かったのだ。

 東国原氏は現在知事を辞めているとはいえ、次期衆院選への出馬が確実視されており、事実上の政治家といってよい。しかも内容は下半身ネタである。
 東国春氏がかつて淫行で警察の事情聴取を受けていることは誰もが知っていることであり、TV番組では自身のオンナ好きをネタにもしている。内容の真偽はともかくとして今更名誉毀損でもあるまい。

 かつて、田中角栄元首相はロッキード事件のスキャンダルでマスコミから大バッシングを浴びた。だが記者を前に田中氏は「君らは記事を書くのが仕事だ。好きなだけ書けばよい」と発言し、権力者としての器の大きさに皆感服したという逸話がある。
 自民党設立のキーマンとなった三木武吉もふるっている。3人も愛人がいるとスキャンダル攻撃を仕掛けられたが「いや違う。5人だ」と訂正する余裕っぷりでまったく動じなかった。

 田中角栄氏や三木武吉氏と東国原氏を比較するのは、両氏に失礼かもしれないが、それにしても、ただの下半身スキャンダルでなぜこのようなヒステリーを起こすのか?
 下半身スキャンダルで名誉を毀損されたと大騒ぎし、裁判だ!裁判だ!と叫んでいるような人に、一国のリーダーなどとても任せる気にはなれないと思うのは本誌だけだろうか?

 - マスコミ, 政治

  関連記事

skytree00
現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると …

okawasho
三陸沖地震のニュース速報。絶叫するNHKのアナウンサーに、疑問の声が噴出

 7日17時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の比較的強い地震が発生した …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

ooigenpatu
原子力規制委員会がまとめた原発の新安全基準骨子は、迷走する原発政策の象徴

 原子力規制委員会は1月31日、内部に設置した有識者会合において、原発の安全性に …

merkeru
頑固なオバチャンのメルケル首相。そのルーツは東ドイツとサッカーにあり?

 18日からブリュッセルで開催されている、EU首脳会議で独メルケル首相と仏オラン …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kazoku004
骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」 …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …