ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した。イランがウラン濃縮を制限する代わりに経済制裁の一部を解除する。米国との数十年にわたる対立が解消され、国際政治の枠組みが大きく変わる可能性が出てきた。

 イランと米英独仏中露の6カ国は、スイスのジュネーブにおいて4日間にわたる交渉を行った。
 この結果、イランは6カ国が求めていた20%濃縮ウラン備蓄の無力化、5%ウラン濃縮活動の停止、核施設への査察などの条件を受け入れた。その代わりに6カ国は対イランの禁輸措置の一部(約70億ドル)を解除する。
 一方、原子力発電に用いることが想定される低レベルのウラン濃縮についてはイランは継続して実施することができる。合意は6カ月の期限付きで、その間に恒久的な合意に向けて協議を継続する。

 イランと米国は過去数十年にわたって対立を続けてきた。イランのアフマディネジャド前大統領は、反米姿勢をさらに強化、独自の核開発を宣言し、米国との関係はさらに悪化していた。だが2013年8月、穏健派と呼ばれるロウハニ大統領が就任、米国との敵対路線に変化が生じてきた。米国とイランはここ数ヶ月、秘密裏に交渉を続けてきたといわれており、その結果が今回の合意ということになる。

 ただ表面的な対立とは正反対に、イランと米国の合意は時間の問題であったと考えることができる。米国はシェールガス革命によって石油の自給が可能となりつつあり、オバマ政権は基本的に中東問題にこれ以上関与することを望んでいない。シリアに対する空爆をあらゆる手段を使っても回避したことからもそれは明らかである。だが国内には親イスラエルの政治団体や軍需産業の一部など、中東への関与を引き続き強く望む勢力があり、こうした勢力との政治的駆け引きが続いていた。
 
 イラン側も同様である。イランはかなり以前から米国との敵対路線を変更し、経済成長を優先させる政策に舵を切ろうとしていた。だが、国内には米国やイスラエルに対する強硬的な意見も根強く、調整に時間がかかっていた。
 イランは権力構造が複雑となっており、大統領がすべての権限を握っているわけではない。宗教指導者であるハメネイ師がもっとも大きな権力を握っているといわれているが、穏健派のロウハニ大統領はハメネイ師の支持を後ろ盾に大統領に就任している。米国との対話路線は、ハメネイ師によって周到に準備されたものと考えてよいだろう。

 今回の合意は6カ月という暫定的なものだが、もしイランと各国が最終的な合意に達すれば、国際政治や世界経済に大きな影響を及ぼすことになる可能性が高い。

 イランが独自の核開発をやめれば、米国は中東への関与をさらに減らし、アジア太平洋地区へのシフトを強めることになる。またイスラエルの孤立がより鮮明となり、中東でのイスラエルの存在感はさらに低下する。これによって対立の火種は抑制されることになり、地政学的リスクは一気に後退することになる可能性が高い。
 この状況は原油価格の安定につながり、世界経済に対してプラスの影響を与えることになるだろう。またイランは民生用の原子力開発は継続することになるので、イランは欧米や日本から大型軽水炉を導入する可能性が高くなってくる。関連企業にとっては大きなビジネスチャンスとなるだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

no image
イランの核開発能力が倍増というIAEA報告書は出来レース?

  IAEA(国際原子力機関)は、イランが核兵器開発に必要なウラン濃縮の能力を2 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

abekaken02
安倍首相の加憲案に保守派の言論人が猛反発。憲法改正は流動的に?

 安倍首相が提示した、現行の憲法9条に自衛隊に関する項目を付け加えるという、いわ …