ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イランの核問題で暫定合意に到達。本格合意なら、国際秩序の変化がさらに加速

 

 イランと欧米中露6カ国は11月24日、イランの核問題をめぐる協議で合意に達した。イランがウラン濃縮を制限する代わりに経済制裁の一部を解除する。米国との数十年にわたる対立が解消され、国際政治の枠組みが大きく変わる可能性が出てきた。

 イランと米英独仏中露の6カ国は、スイスのジュネーブにおいて4日間にわたる交渉を行った。
 この結果、イランは6カ国が求めていた20%濃縮ウラン備蓄の無力化、5%ウラン濃縮活動の停止、核施設への査察などの条件を受け入れた。その代わりに6カ国は対イランの禁輸措置の一部(約70億ドル)を解除する。
 一方、原子力発電に用いることが想定される低レベルのウラン濃縮についてはイランは継続して実施することができる。合意は6カ月の期限付きで、その間に恒久的な合意に向けて協議を継続する。

 イランと米国は過去数十年にわたって対立を続けてきた。イランのアフマディネジャド前大統領は、反米姿勢をさらに強化、独自の核開発を宣言し、米国との関係はさらに悪化していた。だが2013年8月、穏健派と呼ばれるロウハニ大統領が就任、米国との敵対路線に変化が生じてきた。米国とイランはここ数ヶ月、秘密裏に交渉を続けてきたといわれており、その結果が今回の合意ということになる。

 ただ表面的な対立とは正反対に、イランと米国の合意は時間の問題であったと考えることができる。米国はシェールガス革命によって石油の自給が可能となりつつあり、オバマ政権は基本的に中東問題にこれ以上関与することを望んでいない。シリアに対する空爆をあらゆる手段を使っても回避したことからもそれは明らかである。だが国内には親イスラエルの政治団体や軍需産業の一部など、中東への関与を引き続き強く望む勢力があり、こうした勢力との政治的駆け引きが続いていた。
 
 イラン側も同様である。イランはかなり以前から米国との敵対路線を変更し、経済成長を優先させる政策に舵を切ろうとしていた。だが、国内には米国やイスラエルに対する強硬的な意見も根強く、調整に時間がかかっていた。
 イランは権力構造が複雑となっており、大統領がすべての権限を握っているわけではない。宗教指導者であるハメネイ師がもっとも大きな権力を握っているといわれているが、穏健派のロウハニ大統領はハメネイ師の支持を後ろ盾に大統領に就任している。米国との対話路線は、ハメネイ師によって周到に準備されたものと考えてよいだろう。

 今回の合意は6カ月という暫定的なものだが、もしイランと各国が最終的な合意に達すれば、国際政治や世界経済に大きな影響を及ぼすことになる可能性が高い。

 イランが独自の核開発をやめれば、米国は中東への関与をさらに減らし、アジア太平洋地区へのシフトを強めることになる。またイスラエルの孤立がより鮮明となり、中東でのイスラエルの存在感はさらに低下する。これによって対立の火種は抑制されることになり、地政学的リスクは一気に後退することになる可能性が高い。
 この状況は原油価格の安定につながり、世界経済に対してプラスの影響を与えることになるだろう。またイランは民生用の原子力開発は継続することになるので、イランは欧米や日本から大型軽水炉を導入する可能性が高くなってくる。関連企業にとっては大きなビジネスチャンスとなるだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

no image
これが大統領就任式の雛壇席に招待された、米国政界のVIP達だ

 21日にワシントンで行われたオバマ大統領の2期目の就任式。会場となった議会前の …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …