ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載したスマートフォン開発することを明らかにした。当初は主に海外市場で販売するという。鴻海との資本提携はまとまっていないものの、協業が可能なところは随時進めていく。

 ところで、シャープは本来ならばアップルと並んでタブレットPCやスマホのトップ・メーカーになれる会社であったことを覚えている人はどのくらいいるだろうか?

 シャープは1993年、携帯情報端末(当時はPDAといわれた)の「ザウルス」という製品を市場に投入した。米アップルも同時期に競合製品であるNewtonという携帯端末を発表している。
 両製品とも、現在のiPhoneやiPadにつながる画期的な商品といわれたが、次期が早すぎた。思ったほど製品は売れず、アップルもシャープも撤退を余儀なくされた。

 現在のiPhoneやiPadは、Newtonでの失敗を教訓に、アップルがリベンジを誓い、周到な準備のもと製品化したものである。これによってアップルは世界市場を制覇するに至っている。
 本来であればシャープも同様の立場になれたはずだったが、状況は知っての通り。アップルの下請け会社である鴻海と共同でスマホを開発しなければならず、しかもシャープは液晶パネルを提供するだけだ。

 もちろんアップルの成功はハード面だけではない。iTuneという音楽配信ビジネスの成功あってのiPhoneであり、ソフト面が不得意なシャープには実現不可能だったかもしれない。だが少なくともハード面においてはiPhoneの脅威になっていたことは間違いなく、日本メーカーの戦略性のなさを思い知らされる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …