ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載したスマートフォン開発することを明らかにした。当初は主に海外市場で販売するという。鴻海との資本提携はまとまっていないものの、協業が可能なところは随時進めていく。

 ところで、シャープは本来ならばアップルと並んでタブレットPCやスマホのトップ・メーカーになれる会社であったことを覚えている人はどのくらいいるだろうか?

 シャープは1993年、携帯情報端末(当時はPDAといわれた)の「ザウルス」という製品を市場に投入した。米アップルも同時期に競合製品であるNewtonという携帯端末を発表している。
 両製品とも、現在のiPhoneやiPadにつながる画期的な商品といわれたが、次期が早すぎた。思ったほど製品は売れず、アップルもシャープも撤退を余儀なくされた。

 現在のiPhoneやiPadは、Newtonでの失敗を教訓に、アップルがリベンジを誓い、周到な準備のもと製品化したものである。これによってアップルは世界市場を制覇するに至っている。
 本来であればシャープも同様の立場になれたはずだったが、状況は知っての通り。アップルの下請け会社である鴻海と共同でスマホを開発しなければならず、しかもシャープは液晶パネルを提供するだけだ。

 もちろんアップルの成功はハード面だけではない。iTuneという音楽配信ビジネスの成功あってのiPhoneであり、ソフト面が不得意なシャープには実現不可能だったかもしれない。だが少なくともハード面においてはiPhoneの脅威になっていたことは間違いなく、日本メーカーの戦略性のなさを思い知らされる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …