ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載したスマートフォン開発することを明らかにした。当初は主に海外市場で販売するという。鴻海との資本提携はまとまっていないものの、協業が可能なところは随時進めていく。

 ところで、シャープは本来ならばアップルと並んでタブレットPCやスマホのトップ・メーカーになれる会社であったことを覚えている人はどのくらいいるだろうか?

 シャープは1993年、携帯情報端末(当時はPDAといわれた)の「ザウルス」という製品を市場に投入した。米アップルも同時期に競合製品であるNewtonという携帯端末を発表している。
 両製品とも、現在のiPhoneやiPadにつながる画期的な商品といわれたが、次期が早すぎた。思ったほど製品は売れず、アップルもシャープも撤退を余儀なくされた。

 現在のiPhoneやiPadは、Newtonでの失敗を教訓に、アップルがリベンジを誓い、周到な準備のもと製品化したものである。これによってアップルは世界市場を制覇するに至っている。
 本来であればシャープも同様の立場になれたはずだったが、状況は知っての通り。アップルの下請け会社である鴻海と共同でスマホを開発しなければならず、しかもシャープは液晶パネルを提供するだけだ。

 もちろんアップルの成功はハード面だけではない。iTuneという音楽配信ビジネスの成功あってのiPhoneであり、ソフト面が不得意なシャープには実現不可能だったかもしれない。だが少なくともハード面においてはiPhoneの脅威になっていたことは間違いなく、日本メーカーの戦略性のなさを思い知らされる。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …