ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改革案を了承した。減反に応じる農家に支給する補助金を来年から半額にし、最終的に補助金を廃止する5年後まで継続する。
 一方で、転作補助金を拡充し、コメからの転作を促す。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)を見据えた措置だが、農家への補助金の総額は増えるという試算があることや、農家の競争力強化にはつながらないとの見方もあり、今後も議論を呼びそうだ。

 現在、減反に応じている農家には、10アールあたり年1万5000円を支給しているが、これを来年度から7500円に半減する。一方、主食用のコメ以外への転作を行う農家への補助は、現在10アールあたり8万円だが、これを10万5000円を上限に増額する。
 ただ、コメはもっとも栽培しやすい農作物のひとつであり、野菜など他の農作物の転換は現実的に難しい。ここで想定している転作とは主食用のコメから飼料用のコメへの転作であり、実質的に農家が稲作を継続するという状況に変わりはない。さらに農地を維持するための補助金も増額となる。

 減反政策の廃止は、TPPの導入によって競争の激化が予想されるため、大規模農家や農業法人へ農地を集約化して日本の農業のコスト競争力を強化することが本来の目的である。だが現実には、国際競争に耐えられる生産力を持つ優良な農地は少なく、多くの農地が集約化の対象にならない可能性がある。
 減反補助金を減額する一方で、飼料用のコメへの補助を厚くすることで、零細コメ農家の経営支援は従来通り継続するという今回の施策は、農地集約化が簡単には進まないという現実を政府もよく認識していることを示している
 農水省では、今回の減反見直しを受けて飼料用のコメに転作した場合、農家の農業所得は1割ほど増えるとの試算を行っている(厳密にはモデル集落全体の所得で個別所得ではない)。一部からはTPPを隠れ蓑にした農家へのバラマキと批判する声も出ている。

 ただ大きな視点で見れば、農家への支援継続はあまり大きな問題ではなくなりつつある。現在の平均的な兼業農家の年収は450万円ほどだが、このうち農業からの収入は50万円に過ぎない。200万円が勤労所得で、残り200万円は年金収入である。農業所得が1割増えるといっても、全体から見ればたかが知れている。

 転作支援という名目に形を変えた支援は継続されるが、高齢化した農家には跡継ぎがいないところが多い。時間とともに農家の数は減っていき、最終的には競争力のある農地だけしか残らないことになるだろう。すでに日本の農業は崩壊しているといってよく、今回の施策はその変化を多少緩やかなものにするものでしかない。20年後にはブランド米を生産する大規模農家だけが存続しているかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …