ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る現在の学校制度の見直しに着手した。長年定着してきた、現在の学制が大きく変わる可能性が出てきた。
 ただ学制変更の目的は必ずしも明白ではなく、諸外国が義務教育システムの見直しを行っているからという意味合いが強い。いつものことだが、目的をはっきりしないまま、制度改正の議論を進めてしまうと、改正のための改正という事態にもなりかねない。

 現在の「6・3・3・4」制は戦後間もなく、米国の学制を参考に1947年に制定された。それ以降、基本的な枠組みは変更されることなく現在まで継続してきた。
 だが国際的には、子供の成長が早まっていることや、成人になるまでに身につけなければならないスキルが高度化していることなどから、義務教育の期間を延長したり、中等教育を早めに開始するなどの改革が行われている。
 教育再生実行会議では、こうした状況を受けて、年数の区切りをどのようにするのがふさわしいのか、ゼロベースで見直しを行う。

 ただ日本における公教育の課題は先進各国と必ずしも状況が同じというわけではない。諸外国では、高いレベルの教育を受けることは、基本的人権の一つとして認識されており、機会の平等が厳しく問われている。このため、義務教育の期間が長く、高校までの教育をすべて無償化しているところも多い。中にはドイツやフランスのように大学教育まで無料のところもある。
 しかし、日本では高校無償化は見直しの方向で議論が進んでおり、むしろ世界の潮流とは逆行している。また奨学金制度に対する世間の批判も根強く存在しており、教育が絶対的な権利とはあまりみなされていない。

 このような状況で、諸外国が学制の改革を行っているという理由だけで、制度改正を検討してしまうと、議論が迷走する可能性が高い。実際、教育再生実行会議での議論も、委員によって論点が様々で散漫な印象を受ける。また「6・3・3・4」の区切りを変更すること自体が目的であるかのようなニュアンスになっており、そもそも日本の公教育にはどのような問題があり、改革にはどういった方向性が求められているのかという根本的な視点が欠如している。

 つい数年前までは、日本人の学力低下が問題視された。だが現在では多様な能力を持ったグローバル人材の育成ができないことを問題視する風潮が強い。従来型のカリキュラムにおける学力低下と、多様な能力の育成は全く別の問題であり、対処方法も異なるはずである。しかも教育の効果が出てくるまでには時間がかかるため、改革は長期タームで実施しなければならない。だが、わずか数年の間に、主要な問題意識が簡単にすり替わっていることを考えると、現在掲げられているテーマも果たしてどれだけの賞味期間があるのか怪しい。

 必要なのは、各論を中心とした制度改正ではない。日本の公教育が抱える問題とは何なのか、しっかり定義するという作業こそが、求められている。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

kimujonunashi
金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金 …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …

obamaaquino201404
米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化する …

businessphone
IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるケースが続出

 IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるという事件が多発してい …