ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。

 人民日報系の環球時報は、外務省の河相事務次官が先週末に中国を訪問し、尖閣問題について協議したと報じている。中国側メディアはこのところ、尖閣問題の悪化は双方の利益にならないというトーンの報道を強化しており、中国側にも妥結の糸口を探りたいという意向があることが明らかになってきている。

 だが政治レベルではなく事務レベルで交渉が進むことを危惧する声は大きい。事務方の折衝は、政治折衝に比べて妥結できる確率は高くなるが、足して2で割るような着地点になる可能性が高いからだ。

 現在の日中関係で実務的な着地点を探るとなると、日本が領土問題の存在を認める代わりに、中国は尖閣諸島の現状(日本が実行支配している)を容認するといったあたりが有力となる。
 日本はもともと尖閣諸島を実効支配しており、それが維持されたところで何のメリットもない。本来存在しなかったはずだった領土問題を国際的に認めてしまうという、日本の一方的な敗北で交渉が妥結してしまう可能性が高い。

 これが政治折衝であればパッケージディール(複数のカードを同じテーブルに載せて多角的に交渉すること)に持ち込むことも可能だ。田中角栄元首相が実現したかつての日中国交回復はまさにパッケージディールなのだが、これには政治の強いリーダーシップが必要となる。

 現在の民主党政権にそれを望むのは不可能であり、このままでは官僚主導で交渉が進む可能性が高い。また日本は大きく国益を損ねることになるだろう。

 - 政治

  関連記事

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

no image
統一教会の教祖、文鮮明氏が死去。北朝鮮の開放政策にも影響か?

  統一教会の(世界基督教統一神霊協会)の創始者である文鮮明氏が3日、韓国で死去 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …