ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。

 人民日報系の環球時報は、外務省の河相事務次官が先週末に中国を訪問し、尖閣問題について協議したと報じている。中国側メディアはこのところ、尖閣問題の悪化は双方の利益にならないというトーンの報道を強化しており、中国側にも妥結の糸口を探りたいという意向があることが明らかになってきている。

 だが政治レベルではなく事務レベルで交渉が進むことを危惧する声は大きい。事務方の折衝は、政治折衝に比べて妥結できる確率は高くなるが、足して2で割るような着地点になる可能性が高いからだ。

 現在の日中関係で実務的な着地点を探るとなると、日本が領土問題の存在を認める代わりに、中国は尖閣諸島の現状(日本が実行支配している)を容認するといったあたりが有力となる。
 日本はもともと尖閣諸島を実効支配しており、それが維持されたところで何のメリットもない。本来存在しなかったはずだった領土問題を国際的に認めてしまうという、日本の一方的な敗北で交渉が妥結してしまう可能性が高い。

 これが政治折衝であればパッケージディール(複数のカードを同じテーブルに載せて多角的に交渉すること)に持ち込むことも可能だ。田中角栄元首相が実現したかつての日中国交回復はまさにパッケージディールなのだが、これには政治の強いリーダーシップが必要となる。

 現在の民主党政権にそれを望むのは不可能であり、このままでは官僚主導で交渉が進む可能性が高い。また日本は大きく国益を損ねることになるだろう。

 - 政治

  関連記事

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …