ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7人に実刑判決が下るというトンデモ事件が発生した。

 被告らは、2009年イタリア中部ラクイラで発生し死者300人以上の死者を出した地震について、これを予測できなかったことで過失致死罪に問われており、全員が禁錮6年だという。イタリア政府の防災諮問機関の委員はこれに抗議し、全員が辞任し たという。

 イタリアは日本と同様、先進国の中ではあまり民主主義が発達しておらず、みせしめ裁判が行われやすい体質にある。その意味で今回のトンデモ裁判もそれほど驚くには値しない。
 だが、今回の判決は、地震予知の今後のひとつの方向性を示唆しているのかもしれない。つまり地震予知自体の消滅である。

 イタリアでは今後、地震予知に携わる人はいなくなるだろう。なぜなら、現在の方法で地震予知はほぼ不可能であると、当の専門家達が一番よく知っているからである。当てられないことが分かっていて、実刑のリスクを冒すバカはいない。

 地震の本当のメカニズムはまだ十分に解明されておらず、現在主流となっているものとは異なる学説もたくさん存在する。その意味で、「地震のことはまだよく分かっていない」というのが正しい科学的見解だ。予知ができたとしても、現在主流のやり方とは別な方法である可能性も高いのである。

 だが日本を含め、地震の専門家達は現在のやり方で予知ができるかのようなことを公言し、政府から多額の税金を助成されている。この利権はすさまじく、原子力ムラに匹敵する地震ムラを形成している。
 しかもこれに異議を唱える人を政治的圧力で抹殺しており、日本でも異なる見解を唱える学者や専門家は不当な圧力を受けているというのが真実の姿なのだ。

 今回の裁判自体は民主主義を踏みにじるバカげたものだが、地震予知をダシにしたタックスイーター(税金をむさぼり食う人)たちのえげつなさもハンパなものではない。

 民間レベルで新しい予知システムを開発している人もいるが、多くが資金難に喘いでいる。この事件をきっかけに、地震予知全般が見直されることを期待したい。

 - 政治, 社会

  関連記事

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …