ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都内で死去した。死因は肝不全。86歳だった。
 堤氏はかなり以前に財界を引退しているので過去の人というイメージが強いが、堤氏が率いたセゾングループは80年代の日本において一世を風靡し、現代カルチャーを象徴する企業といわれた。また異母兄弟で西武鉄道グループ総帥だった堤義明氏と、西武グループの支配権をめぐって壮絶な争いをするなど、話題の多い実業家でもあった。作家として、父親との確執を作品として発表し続けるなど、繊細な一面も持ち合わせていた。

 堤氏の父親で西武グループの創業者であった堤康次郎氏は、清濁併せ呑む大物財界人で、衆議院議長を務めたこともある人物。かなり強引な手法で土地をかき集め、各方面から批判を浴びていた。このため康次郎氏は「ピストル堤」と揶揄されていた(ちなみに、堤氏のライバルで東急グループ創設者である五島慶太氏は「強盗慶太」と呼ばれている)。

 康次郎氏には何人も愛人がおり、清二氏と弟の義明氏は異母兄弟にあたる。東京大学に進学した清二氏は、父親の生き方や、前近代的な日本社会に激しく反発、左翼活動にのめり込んだ。共産党に入党したものの、党内の権力闘争に巻き込まれて除名となり、最終的には父親が経営する西武百貨店に入社した。
 異母兄弟の義明氏との激しい権力闘争の結果、西武グループ本体は弟の義明氏が継ぐことになり、清二氏が率いる流通部門はセゾングループとして西部鉄道グループから分離独立した。

 セゾングループは西武百貨店を中心にパルコ、無印良品などを展開して急拡大し、80年代のバブル消費文化を象徴する企業に成長した。当時は文化活動にも熱心で、糸井重里氏など、セゾングループの支援を受けた文化人が多数出現し「セゾン文化人」などというキーワードが出現したこともある。世界的なソムリエとして有名な田崎真也氏がかつて勤務していたホテル西洋銀座もセゾングループの経営であった。
 存命中の康次郎氏はかねてから百貨店が文化企業のようになることには否定的で、清二氏の猛烈な拡大志向や文化志向は、父親に対する反発も大きいといわれている。

 バブル末期には、国際的なホテルグループであるインターコンチネンタルを買収したが、直後にバブルが崩壊し、セゾングループは苦境に立たされた。1991年に清二氏はグループ代表を辞任し、セゾングループも2000年に解体された。

 堤氏は「辻井喬」のペンネームで作家活動もしており、1994年には「虹の岬」で谷崎潤一郎賞を受賞している。作品の多くは父親との確執をテーマにしており、終生、父親との関係性について思索していたことをうかがわせる。

 セゾングループは良くも悪くも、80年代の日本を代表する企業のひとつであった。結果論としては、内需中心の成熟国家に脱皮しきれない日本の立ち位置を象徴する企業であったともいえる。堤氏の死去によって、セゾングループは完全に過去のものとなったが、果たして日本は堤氏が理想としたポスト消費社会に脱皮できているのだろうか?

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …