ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都内で死去した。死因は肝不全。86歳だった。
 堤氏はかなり以前に財界を引退しているので過去の人というイメージが強いが、堤氏が率いたセゾングループは80年代の日本において一世を風靡し、現代カルチャーを象徴する企業といわれた。また異母兄弟で西武鉄道グループ総帥だった堤義明氏と、西武グループの支配権をめぐって壮絶な争いをするなど、話題の多い実業家でもあった。作家として、父親との確執を作品として発表し続けるなど、繊細な一面も持ち合わせていた。

 堤氏の父親で西武グループの創業者であった堤康次郎氏は、清濁併せ呑む大物財界人で、衆議院議長を務めたこともある人物。かなり強引な手法で土地をかき集め、各方面から批判を浴びていた。このため康次郎氏は「ピストル堤」と揶揄されていた(ちなみに、堤氏のライバルで東急グループ創設者である五島慶太氏は「強盗慶太」と呼ばれている)。

 康次郎氏には何人も愛人がおり、清二氏と弟の義明氏は異母兄弟にあたる。東京大学に進学した清二氏は、父親の生き方や、前近代的な日本社会に激しく反発、左翼活動にのめり込んだ。共産党に入党したものの、党内の権力闘争に巻き込まれて除名となり、最終的には父親が経営する西武百貨店に入社した。
 異母兄弟の義明氏との激しい権力闘争の結果、西武グループ本体は弟の義明氏が継ぐことになり、清二氏が率いる流通部門はセゾングループとして西部鉄道グループから分離独立した。

 セゾングループは西武百貨店を中心にパルコ、無印良品などを展開して急拡大し、80年代のバブル消費文化を象徴する企業に成長した。当時は文化活動にも熱心で、糸井重里氏など、セゾングループの支援を受けた文化人が多数出現し「セゾン文化人」などというキーワードが出現したこともある。世界的なソムリエとして有名な田崎真也氏がかつて勤務していたホテル西洋銀座もセゾングループの経営であった。
 存命中の康次郎氏はかねてから百貨店が文化企業のようになることには否定的で、清二氏の猛烈な拡大志向や文化志向は、父親に対する反発も大きいといわれている。

 バブル末期には、国際的なホテルグループであるインターコンチネンタルを買収したが、直後にバブルが崩壊し、セゾングループは苦境に立たされた。1991年に清二氏はグループ代表を辞任し、セゾングループも2000年に解体された。

 堤氏は「辻井喬」のペンネームで作家活動もしており、1994年には「虹の岬」で谷崎潤一郎賞を受賞している。作品の多くは父親との確執をテーマにしており、終生、父親との関係性について思索していたことをうかがわせる。

 セゾングループは良くも悪くも、80年代の日本を代表する企業のひとつであった。結果論としては、内需中心の成熟国家に脱皮しきれない日本の立ち位置を象徴する企業であったともいえる。堤氏の死去によって、セゾングループは完全に過去のものとなったが、果たして日本は堤氏が理想としたポスト消費社会に脱皮できているのだろうか?

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …