ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分かれている。日本航空や全日空など日本の航空会社各社は、一旦は中国の指示を受け入れ飛行計画(フライトプラン)を提出してたが、日本政府の要請に応じて提出を取りやめた。
 一方、米国の航空会社は当初、中国からの要請には応じていなかったが、安全性を最優先するようにという米国政府の意向を受けて、現在ではフライトプランの提出を行っている。安全保障と民間事業のあり方をめぐって、日米両国のスタンスの違いが明らかになった形となった。

 中国側は防空識別圏の設定に伴って、民間航空会社に対しても、空域を飛行する場合にはフライトプランを事前に提出するよう求めている。
 日本航空や全日空など日本の航空会社各社は、当初、中国側の要請に応じて、フライトプランの提出に応じていた。だが政府としては、日本の民間航空会社が提出に応じてしまうと、中国による防空識別圏設定という既成事実が積み重なってしまうという懸念がある。
 政府与党内などでこれを問題視する声が上がったことから政府は11月26日、国内航空会社各社に対してフライトプランを提出しないよう「要請」を行い、航空会社側はこれを受け入れ提出を取りやめた。

 政府が、航空会社各社にフライトプランを提出しないよう要請したのは、外務省が11月25日に中国側と水面下で交渉を行い「防空識別圏の設定は民間航空会社の運行を妨げるものではない」との確約を得たことがその背景にあるとの報道がある。
 この報道が事実であれば、中国側との確約をもとに民間航空会社に要請を行ったということになるわけだが、政府が民間航空会社に、どの程度、航空機の安全を保証していたのかは不明である。単なる「要請」ということになると、航空会社側にはいざとなった時には政府は助けてくれないのではないかという疑念が残ることになってしまう。

 一方、米国の航空会社側は、当初、中国の要請にすぐに応じることはなく、しばらくの間、フライトプランは提出していなかった。その後、米国政府の意向を受けてフライトプランの提出を開始している。
 米国務省のサキ報道官は27日の時点において、「乗客の安全性確保がカギになる」と発言したものの、米国政府としての対応については明言を避けていた。ただ、乗客の安全性が重要という報道官の発言から推測すれば、米国政府は当初からフライトプランの提出を前提にしていたフシがある。ちなみに、安倍首相は、「米国政府が、民間航空会社にフライトプランを提出するよう要請したことはないと、外交ルートを通じて確認している」と発言したが、真偽の程は定かではない。

 日米安保が存在するとはいえ、最終的にフライトプラン提出にどう対応するのは、各国政府の決断にかかっている。民間航空会社にしてみれば、政府が最終的に責任を負い、万が一の場合においても自衛隊機が民間機の安全を確保してくれるのであれば、提出の拒否については何の問題もないというのが本音であろう。

 多くのメディアの報道では、日米両国でフライトプランをめぐるスタンスに違いがあることを問題視しており、安倍政権としても、米国と方針が同じであることを強調したい意向のようである。だが問題の本質はそこではない。

 今回の件において米国はあくまで第三者であり、日本は当事者である。日本が本気で尖閣諸島を守りたいのであれば、また既成事実の積み上げを回避するために民間航空会社によるフライトプラン提出を停止させたいのであれば、米国のスタンスがどうであれ、日本の民間航空機の安全を明確に保証する必要があるだろう。これができなければ、軍事力を持つ主権国家としての存在意義などなくなってしまう。

 - 政治 ,

  関連記事

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

terebi
政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があ …

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …