ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。

 フィリピン政府は、フィリピン・ルソン島のスービック湾において、新たな軍事基地の建設を計画していることを明らかにした。

 この地域には、かつてアジア最大級のスービック米軍基地があったところ。1991年にフィリピン政府が使用期限の延長を拒否したため、米軍は撤退していた。

 今回の基地建設は、スービック基地の跡地を利用して行われ、しかもフィリピン政府は同地域を米軍が利用することについて米国と基本合意したばかりだ。つまりアジア最大の米軍基地であったスービック基地の事実上の復活ということになる。

 この背景には当然中国の台頭がある。これまで米国のアジア太平洋戦略は、米ソ冷戦を軸に組み立てられており、戦略的な重要拠点は日本であった。
 だが冷戦が終了し、中国の影響力が高まる中、地政学的に重要な地域は、東太平洋(日本)から西太平洋にシフトしている。米軍はこれをうけて沖縄から海兵隊を一部撤退させ、オーストラリアに再配備している。今回のスービック基地復活もその流れの延長戦上にある。

 日本では、尖閣諸島問題を背景に、米国が中国に対する警戒感を強めることを歓迎するムードが一部にある。だがことはそう単純ではない。米軍が対中国戦略を強化するということは、日本を含む東太平洋地域を重視しなくなるということの裏返しでもある。

 中国との交渉次第では、現在米国と日本が共同で保持している東シナ海や日本海の制海権を中国に明け渡し、日本を中国に事実上プレゼントするというドライな戦略もあり得るのである。また地政学的なパワーの流れに合わせて、マネーの流れもインドシナ半島からオーストラリアにかけての一帯にシフトする可能性もある。

 日本ではオスプレイの安全性問題にばかり目を奪われているが、もっと大きなモノを失いかけている可能性もあるのだ。

 - 政治

  関連記事

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

b3837
中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …