ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。

 フィリピン政府は、フィリピン・ルソン島のスービック湾において、新たな軍事基地の建設を計画していることを明らかにした。

 この地域には、かつてアジア最大級のスービック米軍基地があったところ。1991年にフィリピン政府が使用期限の延長を拒否したため、米軍は撤退していた。

 今回の基地建設は、スービック基地の跡地を利用して行われ、しかもフィリピン政府は同地域を米軍が利用することについて米国と基本合意したばかりだ。つまりアジア最大の米軍基地であったスービック基地の事実上の復活ということになる。

 この背景には当然中国の台頭がある。これまで米国のアジア太平洋戦略は、米ソ冷戦を軸に組み立てられており、戦略的な重要拠点は日本であった。
 だが冷戦が終了し、中国の影響力が高まる中、地政学的に重要な地域は、東太平洋(日本)から西太平洋にシフトしている。米軍はこれをうけて沖縄から海兵隊を一部撤退させ、オーストラリアに再配備している。今回のスービック基地復活もその流れの延長戦上にある。

 日本では、尖閣諸島問題を背景に、米国が中国に対する警戒感を強めることを歓迎するムードが一部にある。だがことはそう単純ではない。米軍が対中国戦略を強化するということは、日本を含む東太平洋地域を重視しなくなるということの裏返しでもある。

 中国との交渉次第では、現在米国と日本が共同で保持している東シナ海や日本海の制海権を中国に明け渡し、日本を中国に事実上プレゼントするというドライな戦略もあり得るのである。また地政学的なパワーの流れに合わせて、マネーの流れもインドシナ半島からオーストラリアにかけての一帯にシフトする可能性もある。

 日本ではオスプレイの安全性問題にばかり目を奪われているが、もっと大きなモノを失いかけている可能性もあるのだ。

 - 政治

  関連記事

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

fbx-t
京都府が米軍レーダー受け入れを表明。中国は不快感を表明するもポーズか?

 京都府の山田啓二知事は9月19日、京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に設 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …