ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。

 フィリピン政府は、フィリピン・ルソン島のスービック湾において、新たな軍事基地の建設を計画していることを明らかにした。

 この地域には、かつてアジア最大級のスービック米軍基地があったところ。1991年にフィリピン政府が使用期限の延長を拒否したため、米軍は撤退していた。

 今回の基地建設は、スービック基地の跡地を利用して行われ、しかもフィリピン政府は同地域を米軍が利用することについて米国と基本合意したばかりだ。つまりアジア最大の米軍基地であったスービック基地の事実上の復活ということになる。

 この背景には当然中国の台頭がある。これまで米国のアジア太平洋戦略は、米ソ冷戦を軸に組み立てられており、戦略的な重要拠点は日本であった。
 だが冷戦が終了し、中国の影響力が高まる中、地政学的に重要な地域は、東太平洋(日本)から西太平洋にシフトしている。米軍はこれをうけて沖縄から海兵隊を一部撤退させ、オーストラリアに再配備している。今回のスービック基地復活もその流れの延長戦上にある。

 日本では、尖閣諸島問題を背景に、米国が中国に対する警戒感を強めることを歓迎するムードが一部にある。だがことはそう単純ではない。米軍が対中国戦略を強化するということは、日本を含む東太平洋地域を重視しなくなるということの裏返しでもある。

 中国との交渉次第では、現在米国と日本が共同で保持している東シナ海や日本海の制海権を中国に明け渡し、日本を中国に事実上プレゼントするというドライな戦略もあり得るのである。また地政学的なパワーの流れに合わせて、マネーの流れもインドシナ半島からオーストラリアにかけての一帯にシフトする可能性もある。

 日本ではオスプレイの安全性問題にばかり目を奪われているが、もっと大きなモノを失いかけている可能性もあるのだ。

 - 政治

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

seattle
シアトル市議会が時給15ドルの最低賃金を可決。現行から6割引き上げ

 米国ワシントン州のシアトル市議会は2014年6月4日、市の最低賃金を1時間15 …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …