ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。だがそれは、内需の拡大に伴う健全なデフレ脱却ではない。輸入物価の上昇によるインフレであり、このまま価格上昇が進めば家計は確実に苦しくなってくるだろう。

 総務省は2013年11月29日、10月の消費者物価指数を発表した。
 代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.9%となり、6カ月連続で上昇した。前月比はプラス0.2%で、こちらは9カ月連続の上昇もしくは横ばいとなった。
  一方「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても、とうとう前年同月比0.3%と上昇に転じた。これまでは、デフレ脱却といっても単なる輸入価格の上昇だったが、コアコア指数の上昇は、輸入価格上昇が他の物品に波及し始めたことを示している。
 このままコアコア指数の上昇が続けば、日本経済は本格的にインフレに転換したことになる。

 日本はこれまでデフレが不景気の元凶とされ、デフレを脱却すれば経済が回復するという前提で経済政策が実施されてきた。確かにデフレと不況は表裏一体だが、必ずしもデフレだから不況になるという、一方向の因果関係が成立するわけではない。むしろ不況が続いているので、結果的にデフレになるという面の方が大きい。

 今後は、デフレを脱却しても思いのほか景気が回復しないという形で、デフレが必ずしも不況の直接の原因ではなかったことが明らかになっていく可能性が高い。というのも、今回のデフレ脱却は、明らかに輸入価格上昇に伴う価格高騰だからである。

 今年1月から10月までの間で値上がり率が最も高かったのは、電気代(約10%)、履物(約6.7%)、ガス代(約4.3%)、旅行など(約4.2%)などである。すべて円安による輸入価格の上昇が価格を直撃するものばかりである。
 上記以外の品目については、売上減少を懸念して事業者が価格転嫁を抑制していたが、夏以降、原材料価格を最終製品の価格に転嫁する動きが加速し始めた。最近では、寝具、飲料、菓子、調理食品など、これまで価格上昇とは無縁であった品目の値上げが目立つ。
 夏前までは年初からの比較で価格が上昇した品目は半分程度だったが、10月の調査では約75%に達している。ほぼ全品目で価格上昇となるのは確実であり、日本はインフレに突入した可能性が高い。

 同じインフレでも、内需拡大に伴う自然な価格上昇と、輸入価格上昇が引き金となる価格上昇は、その本質的な意味が異なっている。日本は名目上のデフレ脱却には成功したということになるのかもしれないが、国民の実質的な購買力は低下する可能性が高い。
 「デフレが日本経済を滅ぼす」という謳い文句から一転し、今度は「インフレが日本経済停滞の元凶」と叫ばれる日も近いかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …