ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。だがそれは、内需の拡大に伴う健全なデフレ脱却ではない。輸入物価の上昇によるインフレであり、このまま価格上昇が進めば家計は確実に苦しくなってくるだろう。

 総務省は2013年11月29日、10月の消費者物価指数を発表した。
 代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.9%となり、6カ月連続で上昇した。前月比はプラス0.2%で、こちらは9カ月連続の上昇もしくは横ばいとなった。
  一方「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても、とうとう前年同月比0.3%と上昇に転じた。これまでは、デフレ脱却といっても単なる輸入価格の上昇だったが、コアコア指数の上昇は、輸入価格上昇が他の物品に波及し始めたことを示している。
 このままコアコア指数の上昇が続けば、日本経済は本格的にインフレに転換したことになる。

 日本はこれまでデフレが不景気の元凶とされ、デフレを脱却すれば経済が回復するという前提で経済政策が実施されてきた。確かにデフレと不況は表裏一体だが、必ずしもデフレだから不況になるという、一方向の因果関係が成立するわけではない。むしろ不況が続いているので、結果的にデフレになるという面の方が大きい。

 今後は、デフレを脱却しても思いのほか景気が回復しないという形で、デフレが必ずしも不況の直接の原因ではなかったことが明らかになっていく可能性が高い。というのも、今回のデフレ脱却は、明らかに輸入価格上昇に伴う価格高騰だからである。

 今年1月から10月までの間で値上がり率が最も高かったのは、電気代(約10%)、履物(約6.7%)、ガス代(約4.3%)、旅行など(約4.2%)などである。すべて円安による輸入価格の上昇が価格を直撃するものばかりである。
 上記以外の品目については、売上減少を懸念して事業者が価格転嫁を抑制していたが、夏以降、原材料価格を最終製品の価格に転嫁する動きが加速し始めた。最近では、寝具、飲料、菓子、調理食品など、これまで価格上昇とは無縁であった品目の値上げが目立つ。
 夏前までは年初からの比較で価格が上昇した品目は半分程度だったが、10月の調査では約75%に達している。ほぼ全品目で価格上昇となるのは確実であり、日本はインフレに突入した可能性が高い。

 同じインフレでも、内需拡大に伴う自然な価格上昇と、輸入価格上昇が引き金となる価格上昇は、その本質的な意味が異なっている。日本は名目上のデフレ脱却には成功したということになるのかもしれないが、国民の実質的な購買力は低下する可能性が高い。
 「デフレが日本経済を滅ぼす」という謳い文句から一転し、今度は「インフレが日本経済停滞の元凶」と叫ばれる日も近いかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …