ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国発の空母「遼寧」が南シナ海で初の長距離訓練を実施。その意味は?

 

 中国初の空母「遼寧」が、駆逐艦などと空母機動部隊を編成し、初めての長距離訓練を行っている。南シナ海に向けて航行する際、尖閣諸島付近を通ることから、中国による防空識別圏設定に伴う挑発行為との声が出ている。確かにこのタイミングでの訓練実施にはそのような意味も含まれると考えられるが、中国側にはもう少し長期的な目標があると考えられ、日本にとってはこちらの方が重要である。

 遼寧は2013年11月26日、駆逐艦2隻、フリゲート艦2隻と共に母港の青島を出港し、演習海域である南シナ海に向かった。
 これまで遼寧は、黄海付近を中心に、単独で航行訓練や艦載機の離着艦訓練を繰り返してきた。今回、駆逐艦などと艦隊を組んで長距離訓練に出たということは、従来の訓練レベルから一段階脱皮し、攻撃型空母機動部隊としての訓練に入ったことを意味している。実際、今回の訓練では、近距離防空、対潜水艦攻撃、敵地攻撃などの演習メニューが含まれているという。

 空母は外見上のインパクトの強さから、あらゆる兵器の頂点に立つ存在に思われるが、必ずしもそうではない。空母を保有する最大の効果は、むしろその外見がもたらすプレゼンス(存在感)にある。空母を保有しているということは、その空母が航行する海域において、一定の軍事作戦を展開できるという能力(ケーパビリティ)を保持していることの証明となる。まさに存在していることに大きな意味を持つ兵器である。
 米国が第七艦隊の主力空母(現在はジョージワシントン)を長年、横須賀に配備しているのは、日本近海の制海権は米国にあることを周辺国(特に冷戦時代における旧ソ連)に知らしめるためである。

 中国はこれまで、米軍と自衛隊の存在があったため、黄海以外で艦艇が自由に航行することができなかった。中国は、王朝時代に冊封(中国が朝貢してきた周辺諸国に対して統治を認め主従関係を結ぶ外交政策)を行っていた地域の周辺を第一列島線と定め、この海域における中国の権益を確保する方針を明確に打ち出している。具体的には九州・沖縄から台湾・フィリピン・インドネシアを結ぶ線がこれに該当する。

 この中でも南シナ海について中国は極めて重要視しており、まずはこの海域の制海権と制空権を確保することが当面の目標と考えられる。今回の遼寧の演習が南シナ海で行われるのにはこうした背景があると考えられる。
 当然、次の目標になるのが東シナ海であり、尖閣諸島や沖縄はこの海域に存在している。だが沖縄は米軍の拠点であることや、日本の自衛隊が存在していることから、この海域への関与を深めてくるのは、南シナ海の状況にある程度のメドが付いてからになる可能性が高い。

 中国が東シナ海の制海権を一部確保することができれば、第一列島線に沿って、黄海、東シナ海、南シナ海を事実上、自国の海することができる。
 日本は尖閣諸島という近視眼的な問題に振り回されているが、中国の動きを効果的に牽制するためには、中国の長期戦略を知った上での封じ込めが必要となる。今回の遼寧の南シナ海での演習は、このように解釈すべきものといえるだろう。

 - 政治 , , , , , ,

  関連記事

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …