ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7244億円となり、9カ月連続で過去最高を更新したと発表した。量的緩和策にもとづく、日銀による国債買い入れは予定通り進んでいることがあらためて確認された。

 マネタリーベースは日銀が金融機関に提供するマネーの総額のこと。市中に出回っている紙幣や硬貨に、金融機関が日銀に預ける当座預金残高を合計したものがこれに該当する。
 日銀が量的緩和を開始する直前の2013年3月の時点では約135兆円だったが、日銀が4月以降、国債を大量に購入していることから、残高の増加が進んでいる。
 日銀ではマネタリーベースの残高を政策目標としており、2013年の年末には200兆円になるとの見通しを示していた。11月で189兆円となっていることから、日銀の量的緩和は順調に進んでいるということが分かる。

 もっともマネタリーベースは日銀が国債を購入すれば確実に増えるものであることから、順調に増加が進んでいることは特に驚くべきことではない。むしろ重要なのは、マネタリーベースの増加が、市場に出回るマネーの総額であるマネーストックの増加や貸出の増加につながるかどうかである。

 2013年3月と10月の比較において、マネタリーベースは約40%の増加となり、マネーストックは1.8%の増加となった。この間、消費者物価指数(総合指数)は1.3%上昇し、実質GDP(GDPについては9月までの比較)は0.8%の増加となっている。各数値間で厳密な整合性は確保できないので、あくまでおおまかな分析だが、国内の貨幣の流通速度は若干上昇したことになる。つまり、マネーが世の中で少しずつ回り始めていることを意味している。

 ただ、消費者物価指数上昇の大部分は、円安による輸入価格上昇が主な要因となっている。また実質GDPの増加分の多くは、大型公共事業による一時的な需要増大である。これらの分を差し引くと、国内のマネー循環が拡大していると判断するのは早計である。

 金融機関による貸出の動向もそれを裏付けている。2013年4月以降の貸出の伸びは0.7%にとどまっており、マネーストックの伸びと比較するとかなり小さい。しかも金融機関の貸出は、2013年7月以降はほぼ横ばいの状況が続いている。少なくとも、設備投資などの増加によって明確な資金需要が出てきた形跡はない。

 消費者物価指数は、エネルギーや食品の影響を除いたコアコア指数においても、前年比でプラス転換となった。日本はインフレのフェーズに入った可能性が高く、もしそうであれば、名目上のマネーストックは今後さらに増加してくることになる。だが一方で、名目値が増加すると、実質的な効果が見えにくくなる。日銀による量的緩和策が、実質的な経済活動にどれだけの効果を与えているのか、今後はさらに注意深く検証していく必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …