ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在しているのかという疑問がドイツ国内で湧き上がっている。

 ドイツは3300トンの金を保有しており、米国に次いで二番目の金保有国。だが米ソ冷戦時代に安全保障上の理由から、金の国外分散所有を進めたことから、現在ではNY連銀を中心に、イングランド銀行、フランスの民間銀行に保管されているという。

 連邦裁判所が連邦議会に提出した報告書では、国外に保管されている金について、きちんと管理されているのか十分にチェックされていない状態であり、是正の必要があると指摘している。またロンドンにある一部の金塊はすでに空輸でドイツ国内に戻ってきているという。

 だがこれは難しい問題をはらんでいる。米ソ冷戦によってドイツの金塊がNY連銀に預けられたというのは表面上の理由であって、実際には膨大な対米貿易黒字を計上していたドイツから一種の人質として米国に送られたものである。
 この点では日本もまったく同様で、日銀が保有する金塊約760トン(日本は金保有高は世界9位と少ない)はほとんどNY連銀が保管している。

金が保管されている?とされるフォートノックスの建物

 米国は他国から預かった金の保管状況については極めて秘密主義であり、金が実際に保管されているというケンタッキー州フォートノックスの施設(軍の基地内にある)についてもほとんど公開されたことがない。しかも外部からの監査は一切拒否している(一部ではNY連銀ビルの地下に保管されているという説もある)。

 このような米国の秘密主義的な姿勢が「金塊は実際には存在しない」といういわゆる陰謀論が出てくる背景となっている。日本でもネットを中心に、日本が保有する金はすでに売却されているという噂が絶えない。

 米国は陰謀論が出てくることを承知であえて秘密主義を取っていると考えられる。リーマンショック後の世界経済の混乱によって、金本位制への回帰が一部で取りざたされている。ドイツの金塊問題もこの動きが背景にある。

 だがここまで拡大した世界経済において現実問題として金本位制への回帰はほぼ不可能である。すでに通貨は現物の信用をベースに流通するレベルを遥かに超えており、担保となるのは人々の信用だけとなっている。

 米国はこのような現実をふまえ、「虚構」の通貨における主導権を握る目的で、あえて金の存在状況をあいまいにしている。世界経済の見通しが好転するまでの間、金をめぐる神経戦は当分続くことになるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …