ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の汚職水準ランキング調査。ランクは同じでも内情は様々?

 

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナルは2013年12月3日、2013年の「腐敗(汚職)指数」を発表した。同指数は公共部門における汚職レベルを数値化、各国をランキングしたもので同組織が毎年公表しているもの。
 1位(汚職が少ない)となったのはデンマークとニュージーランドで両国は昨年も1位であった。3位にはスウェーデンとフィンランドが入っている。大国ではドイツが12位、英国が14位、日本が18位、米国が19位であった。

seiketsudo 同調査では、各国の公務員や政治家が賄賂などの不正行為に応じるかどうかを数値化している。ただ、各国の腐敗レベルを同一基準で評価するのは難しいことから、同団体では、独自のヒアリング調査に加えて、国際機関などが行った12のカントリー・リスク調査結果を総合し、ランキングを算定している。
 単純に公務員や政治家の汚職レベルを示すだけではなく、公共部門の透明性といった要素も影響すると考えられる。

 全体的な傾向を見ると、北欧を中心とする欧州北西部のゲルマン圏諸国、1位のニュージーランドを筆頭に、オーストラリア、カナダ(両国とも9位)といった英連邦諸国が上位に入っていることが分かる。英国自身も、非常に厳しい汚職禁止の法案を施行したこともあり、昨年の17位から14位に順位を上げた。
 このほかルクセンブルグ、アイスランド、ベルギーなどが20位以内にランキングしており、一般論としては民主主義のレベルが高く、豊かな小国であるほど順位が高いという結果になっている。
 ただシンガポール(5位)のように必ずしもそうではないケースもある。シンガポールにおける公務員の倫理規定は厳しく、汚職は非常に少ない。ただ一方で、同国は非民主的な独裁国家であり、公務員の特権的な待遇はかなりの水準になる。相互監視が厳しいことと、相対的に公務員の生活水準が高いことが汚職を少なくしていると考えられる。

 日本と米国はそれぞれ18位と19位となっておりほぼ同レベルにランキングされている。だが両国の文化はまるで異なっている。米国の公務員は日本に比べると社会的地位が低く年収も少ない。これに対して日本の公務員は民間と比較して圧倒的に優遇されている。汚職に手を染める公務員の数は日本の方がはるかに少ないと考えられる。
 一方、米国の政治家の権力闘争はすさまじく、利益誘導も日本に比べると遙かに高度かつ巧妙である。分かりやすい形で政治家に賄賂が手渡されるケースは少ない。政治家による口利きが当たり前のように行われる日本と比べると見かけ上の汚職は少なくなる。同じレベルのランキングになっていても、実態はかなり異なっている。

 ちなみに最下位はアフリカのソマリア、北朝鮮、アフガニスタンの3国で、これらの国は昨年も最下位であった。またロシアは127位、中国は80位、韓国は46位であった。

 - 社会 , ,

  関連記事

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …