ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大型の公共事業が復活したことから、いわゆる族議員による予算獲得が活発になっている。表面的には財政再建を優先したい財務省と族議員との攻防ということになるが、今のところ、族議員に軍配が上がりそうな雰囲気だ。だがこの図式にはちょっとしたカラクリも見え隠れする。

mof02 財務省は消費税10%増税を見据えており、来年度の景気をできるだけ失速させないよう、今回の予算では妥協する可能性が高いと見られている。
 だが実際には、税収見込みの上振れが予想されており、与党側の要望をある程度受け入れても、財政収支目標の達成は可能ともいわれている。税収の上振れという「臨時収入」をめぐって、政府与党内の駆け引きが続いているのだ。

 政府は12月5日に開催された経済財政諮問会議において、2014年度予算編成の基本方針案を提示した。この中で政府は、基礎的財政収支(プライマリーバランス)について、2014年度は少なくともマイナス19兆円とし、一般会計の当初予算において4兆円を上回る収支改善を図るとしている。

 2014年度予算の概算要求では、従来型の要求額に加えて「要望額」と呼ばれる景気対策のバラマキ予算が別枠で設定された。この部分を合算すると、各省の要求総額は前年度比でプラス4兆円の74兆円に達する。基本方針を額面通りに判断すれば概算要求から4兆円を削減する必要が出てくる。

 与党にしてみれば、政権交代後初めての本格的な予算編成であり、いわゆる族議員による予算の獲得合戦が激しさを増している。このような環境で4兆円を削減することは容易ではなく、このことが大型予算になるという見通しの根拠となっている。だが、政府内部には族議員の動きとは別に、大型の公共事業を実施しなければならない事情がある。
 それは日本経済が完全に公共事業依存体質になっていることである。12月9日には7月~9月期のGPD改定値が公表されたが、実質GDP成長率は年率換算で1.1%と速報値の1.9%から大幅に下方修正された。このうち公共事業を中心とした官需が占める割合は50%に達しており、日本経済は、公共事業を継続しないと景気が失速してしまう状況に陥っている。

 今年は消費税8%への増税を何とかクリアしたが、来年には10%増税に向けた政治判断が控えている。政府としては、何としても来年の景気失速は避けたいところである。
 今年の景気は年初に決定した10兆円の大型経済対策が下支えとなっているが、政府が5日に発表した5.5兆円の景気対策はその半分の規模であった。このままでは今年度と同じような景気を維持できるのかは不透明な状況だ。政府としても、大型の予算を容認するメリットがある。

 だが、これによって4兆円の財政収支削減は見送られるのかというとそうでもない。4兆円とはあくまでも当初予算からの比較であって、実際の2013年度の財政収支はもっと改善している。2013年度の税収は当初見込みでは43兆円程度だったが、最終的には45兆円強に上振れしている。2014年度も2.6%程度の名目成長率が実現できれば、税収は約49兆円となり、最終的には約2兆円の減額で済む可能性があるのだ。要望枠は約3.5兆なので、この部分の減額は1.5兆ということになる。

 財政収支目標を達成できるのかは、予算の額よりも税収の見込みをいくらにするのかに大きく影響してくる。12月末の政府案決定に向けて、大詰めの交渉が続く。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …