ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した10月の機械受注統計では、主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比0.6%増と2カ月ぶりのプラスとなったが、大きな伸びにはならなかった。
 内訳を見ると変動の大きい金融機関の設備投資が数値を大きく押し上げているほか、製造業が逆にマイナスになるなど、状況はあまりよくない。7~9月期のGDPの数値も同様であり、公共事業による瞬間的な消費に依存する姿がより鮮明になっている。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、景気の先行きを顕著に反映すると考えられている。2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、非製造業の設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。
 このところ米国景気の回復傾向が著しいことから製造業における設備投資回復が期待されていた。先月の機械受注では製造業の設備投資が大きく増加する兆候も見られたが、今月の結果を見る限り、状況はあまり変わっていないようだ。

 米国市場が今後急拡大したとしても、国内の設備投資が増えるのかについては疑問の声もある。米国はシェールガス革命でエネルギー・コストが劇的に低下しており、多くの企業が新興国から米国に工場を戻している。日本メーカーが米国市場向けの生産を拡大するにしても、現地調達、現地生産となる可能性が高く、設備投資が日本で行われる保証はない。国内での設備投資は、切り替えが難しい一部の基幹部品に限定される可能性が高いのだ。

 今後の世界経済は、新興国の失速によって、米国への依存度が高まることが予想されている。米国における工場立地条件が向上しているという現実を考えると、製造業による国内設備投資の回復を成長エンジンにするという従来の考え方はあらためる必要が出てくる。以前から言われていることだが、個人消費を活発にするための内需拡大策が最も必要とされる経済政策ということになる。
 だが現在の内需拡大策は、公共事業を中心に官需を拡大させるという正反対の方向に向かっている。7~9月期のGDP成長における官需の割合は50%に達しており、日本経済は完全に公共事業依存体質となった。

 輸出産業の復活に軸足を置いたアベノミクスのシナリオはほぼ完全に崩れつつある。成長戦略の立案が、世界経済の現状を分析した上での合理的な結論だったのか、単に輸出産業からの政治的なバラマキ要求によるものだったのかは定かではないが、現実を見据えて方向性を変えることは決して恥ずかしいことではない。アベノミクスは、そろそろ根本的な戦略の見直しが必要な時期に来ているといってよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

no image
鴻海精密工業のカリスマ経営者「郭台銘」氏はどんな人物?

 最近その名前をニュースで目にしない日はない、鴻海精密工業のカリスマ経営者、郭台 …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …