ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した10月の機械受注統計では、主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比0.6%増と2カ月ぶりのプラスとなったが、大きな伸びにはならなかった。
 内訳を見ると変動の大きい金融機関の設備投資が数値を大きく押し上げているほか、製造業が逆にマイナスになるなど、状況はあまりよくない。7~9月期のGDPの数値も同様であり、公共事業による瞬間的な消費に依存する姿がより鮮明になっている。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、景気の先行きを顕著に反映すると考えられている。2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、非製造業の設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。
 このところ米国景気の回復傾向が著しいことから製造業における設備投資回復が期待されていた。先月の機械受注では製造業の設備投資が大きく増加する兆候も見られたが、今月の結果を見る限り、状況はあまり変わっていないようだ。

 米国市場が今後急拡大したとしても、国内の設備投資が増えるのかについては疑問の声もある。米国はシェールガス革命でエネルギー・コストが劇的に低下しており、多くの企業が新興国から米国に工場を戻している。日本メーカーが米国市場向けの生産を拡大するにしても、現地調達、現地生産となる可能性が高く、設備投資が日本で行われる保証はない。国内での設備投資は、切り替えが難しい一部の基幹部品に限定される可能性が高いのだ。

 今後の世界経済は、新興国の失速によって、米国への依存度が高まることが予想されている。米国における工場立地条件が向上しているという現実を考えると、製造業による国内設備投資の回復を成長エンジンにするという従来の考え方はあらためる必要が出てくる。以前から言われていることだが、個人消費を活発にするための内需拡大策が最も必要とされる経済政策ということになる。
 だが現在の内需拡大策は、公共事業を中心に官需を拡大させるという正反対の方向に向かっている。7~9月期のGDP成長における官需の割合は50%に達しており、日本経済は完全に公共事業依存体質となった。

 輸出産業の復活に軸足を置いたアベノミクスのシナリオはほぼ完全に崩れつつある。成長戦略の立案が、世界経済の現状を分析した上での合理的な結論だったのか、単に輸出産業からの政治的なバラマキ要求によるものだったのかは定かではないが、現実を見据えて方向性を変えることは決して恥ずかしいことではない。アベノミクスは、そろそろ根本的な戦略の見直しが必要な時期に来ているといってよいだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …