ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

若田さん搭乗の国際宇宙ステーションで機器トラブル。今のところ修理メドは立たず

 

 NASA(米航空宇宙局)は2013年12月11日、国際宇宙ステーション(ISS)の冷却系統にトラブルが発生し、設定された限界温度に達したため、自動的に機能停止したと発表した。ISSには日本の実験モジュール「きぼう」が接続されており、若田光一氏が宇宙飛行士として滞在している。今のところ予備システムが稼働しており、船内で大きな問題は発生していないが、修理のメドは立っていないという。

ISS

 不具合が起きた冷却システムは、宇宙ステーション内の熱を外部に放出するためのもので、機器の内部には冷媒としてアンモニアが循環している。機器内部のバブルに問題があると考えられており、現在、修理する方法が検討されているがメドは立っていない。
 宇宙ステーションの機器は、原則として船内からメンテナンスができるように工夫されているが、すべての作業が船内から行えるわけではない。最悪の場合には、宇宙飛行士が船外に出て作業を行う必要が出てくるが、船外活動には危険も伴うため、最終的な決断はまだ下されていない。
 不具合が起きた冷却システムは、以前にも同様のトラブルを起こしており、うち1回は宇宙飛行士が船外活動を行って部品を交換している。

 国際宇宙ステーションは、米国、ロシア、日本、欧州などが参加して建設された大型の宇宙ステーション。1999年から建設が始まり、2000年からは乗組員の長期滞在がスタートした。2011年にすべての部品が組み立てられて完成した。当初は2016年までの運用予定だったが、現在2020年までの延長が検討されている。
 宇宙空間は大量の放射線や激しい温度変化など環境が劣悪であり、機器や躯体の劣化が著しい。また大きさやエネルギー供給の制約もあり、工学的に厳しい設計が要求されることもある。通常、地上では熱交換器の冷媒は安全なフロンやその代替物質が用いられるが、宇宙ステーションでは熱効率が最優先されるため、危険度が高く、扱いにくいアンモニアが使用されている。

 ただこうした故障や機器メンテナンスに関する事例は、今後のステーション運用における貴重なノウハウであり、飛行士の危険と隣り合わせではあるが、有益な情報を提供してくれる。
 中国など新興国では、月への探査船の派遣など、国威発揚を狙った派手な宇宙開発が盛んである。日本でも一部からは、こうした途上国型宇宙開発を望む声もある。だが、宇宙先進国である米国では、すでにそういった段階は過ぎ去り、民間がいかに安価に宇宙利用できるのかに技術的課題がシフトしている。

 今回の一連のトラブルがうまく解決できれば、より安全に、より確実に宇宙に滞在するという、今後の宇宙開発にとって重要な知見がまたひとつ増えることになるだろう。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

gooddesign
グーグルマップの受賞禁止で期せずして注目を浴びたグッドデザイン賞のビジネスモデル

 日本デザイン振興会が2013年度グッドデザイン賞の大賞(内閣総理大臣賞)として …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …