ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界のあちこちに顔を出す米国政治のキーマン、マケイン上院議員に要注目

 

 米共和党の重鎮で、大統領選にも出馬した経験のあるマケイン上院議員の活躍が目立っている。マケイン氏は2013年12月15日、EU(欧州連合)への参加をめぐり混乱が続くウクライナの反政府デモに突如参加し、各国を驚かせた。デモを組織する野党勢力は、ロシアの影響が強く人権弾圧を行っている現政権を激しく批判しており、米国の有力政治家の参加に、デモは勢い付いている。

 マケイン氏は78歳と高齢であることから、大統領選でオバマ現大統領に敗れて以降、半分引退が噂されていた。だが実際はその逆で、オバマ政権成立以後も、米国の重要な政治的局面には必ずといってよいほど名前が出る活躍ぶりで、ある意味でオバマ大統領以上の政治的キーマンとなっている。今後の米国政治を見る上で、マケイン氏の動きは注目に値する。

makein

 マケイン氏は祖父が著名な海軍提督であり、自身も海軍出身である。このため一般的にはイスラエルや軍産複合体の意向を強く受けた保守的な政治家と見られている。イスラエルに対して冷淡といわれ、軍縮に熱心なヘーゲル氏が国防長官に就任する際には、議会の公聴会で激しくヘーゲル氏を攻撃した。またシリアの軍事介入には最後までこだわったといわれている。

 だがマケイン氏は、軍寄りの典型的な保守政治家としては区分できない多面的な要素も持ち合わせている。自身がベトナム従軍中に拷問を受けた経験から、グアンタナモ収容所など米軍の非人道的な活動には批判的だ。
 また人種問題に関してもかなりリベラルなスタンスを取っている。キューバ移民二世の若手議員ルビオ氏を、次期共和党のリーダー候補として育てており、ヒスパニック系移民の合法化にも熱心だ。

 マケイン氏の地盤はアリゾナであり、ヒスパニック系の不法移民が多い。現実的な選挙対策としてヒスパニック系の票を獲得することが重要であることをマケイン氏は誰よりも認識しており、彼の行動は徹底したリアリズムに基づいている。

 オバマ政権は二期目を迎えており、早くもワシントンでは次の大統領選挙が視野に入り始めている。ヒスパニック系を中心に、以前であればマイノリティであった層の人口が急激に増加しており、選挙での影響も極めて大きくなっている。
 次の選挙は、どういったテーマが争点になるのかまだ見極めることは難しい段階である。高齢のマケイン氏が再び大統領選に出る可能性はほぼゼロだが、同氏の言動が大統領選の候補者選定に大きな影響を与えることは間違いない。

 またマケイン氏は、在日米軍や対中国政策など、アジア太平洋地域の安全保障問題にも極めて大きな影響力を持っている。2013年8月に来日した際には、尖閣諸島問題について、「尖閣諸島は日本の領土だというのが、米議会と米政府の立場だ」とかなり踏み込んだ発言をする一方、同日に行われたアメリカンセンターのスピーチでは「尖閣諸島の現状を変更しようとするあらゆる動きに反対する」というトーンダウンした発言も行い、中国側に配慮を見せる絶妙な動きを見せた。
 マケイン氏の発言は、日米関係の今後にも大きな影響を及ぼすことになるだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

aso03
麻生財務省のナチス発言に見る、自民党中枢部の感覚の「古さ」

 憲法改正をめぐって麻生財務相が「ナチスの手口を学ぶべき」という趣旨の発言をした …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …