ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人が24日、「キンドル・ペーパーホワイト」の日本語対応版の販売予約を開始すると発表した。価格は8480円からで、11月19日から順次出荷する。
 同社はこれに合わせて、サイト内にキンドルストアを開設。電子書籍の販売もスタートさせた。文庫や漫画、ベストセラーなどを中心に計約5万点を揃える。

 さらに注目すべきなのは、誰でもキンドル向け電子書籍を自費出版で きる「キンドルダイレクトパブリッシング」をスタートさせたことである。同サービスは既存の出版業界を破壊するインパクトを持っており、出版各社は戦々恐々としている。

 自費出版サービスの登録は簡単だ。同社のサイトからログインし、銀行口座などの情報を入力すれば基本的に誰でも出版を行うことができる。印税は売上げの35%が標準となっており、既存の紙媒体の相場(約10%)よりもかなり高い。

 これまで日本の出版業界は政府の規制に守られ、競争が阻害されてきた。

 出版物を書店に並べるには「取次」と呼ばれる問屋を通す必要があり、これが大きな参入障壁であった。しかも再販売価格維持制度によって値引きができず、読者離れが進む一因にもなっていた。

 アマゾンが電子書籍における自費出版のプラットフォームを構築したことで、閉鎖的だった日本の出版業界に大きな風穴が開く可能性が出てきた。先行して事業をスタートさせている米国では、アマゾンのプラットフォームのみの販売で億単位の印税を得る作家も登場しているという。

 新しいスタイルの作家や出版社が登場し、コンテンツの多様化が進むことが期待される。既存の出版社にとっては、きわめて厳しい時代が到来することになるだろう。

 - マスコミ, 社会, 経済

  関連記事

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

no image
ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バク …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

kokusaishushi201308
日本の国際収支状況から見えてくる、今後の日本企業が進むべき道

 財務省は10月8日、8月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は …

todai
東大生の親は金持ちという統計学者の投稿が話題。議論の本質はどこにあるか?

 東大生の親の6割が年収950万円以上というツイッターの投稿がネットで話題となっ …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …