ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人が24日、「キンドル・ペーパーホワイト」の日本語対応版の販売予約を開始すると発表した。価格は8480円からで、11月19日から順次出荷する。
 同社はこれに合わせて、サイト内にキンドルストアを開設。電子書籍の販売もスタートさせた。文庫や漫画、ベストセラーなどを中心に計約5万点を揃える。

 さらに注目すべきなのは、誰でもキンドル向け電子書籍を自費出版で きる「キンドルダイレクトパブリッシング」をスタートさせたことである。同サービスは既存の出版業界を破壊するインパクトを持っており、出版各社は戦々恐々としている。

 自費出版サービスの登録は簡単だ。同社のサイトからログインし、銀行口座などの情報を入力すれば基本的に誰でも出版を行うことができる。印税は売上げの35%が標準となっており、既存の紙媒体の相場(約10%)よりもかなり高い。

 これまで日本の出版業界は政府の規制に守られ、競争が阻害されてきた。

 出版物を書店に並べるには「取次」と呼ばれる問屋を通す必要があり、これが大きな参入障壁であった。しかも再販売価格維持制度によって値引きができず、読者離れが進む一因にもなっていた。

 アマゾンが電子書籍における自費出版のプラットフォームを構築したことで、閉鎖的だった日本の出版業界に大きな風穴が開く可能性が出てきた。先行して事業をスタートさせている米国では、アマゾンのプラットフォームのみの販売で億単位の印税を得る作家も登場しているという。

 新しいスタイルの作家や出版社が登場し、コンテンツの多様化が進むことが期待される。既存の出版社にとっては、きわめて厳しい時代が到来することになるだろう。

 - マスコミ, 社会, 経済

  関連記事

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

itoyokado
イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイト …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …