ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人が24日、「キンドル・ペーパーホワイト」の日本語対応版の販売予約を開始すると発表した。価格は8480円からで、11月19日から順次出荷する。
 同社はこれに合わせて、サイト内にキンドルストアを開設。電子書籍の販売もスタートさせた。文庫や漫画、ベストセラーなどを中心に計約5万点を揃える。

 さらに注目すべきなのは、誰でもキンドル向け電子書籍を自費出版で きる「キンドルダイレクトパブリッシング」をスタートさせたことである。同サービスは既存の出版業界を破壊するインパクトを持っており、出版各社は戦々恐々としている。

 自費出版サービスの登録は簡単だ。同社のサイトからログインし、銀行口座などの情報を入力すれば基本的に誰でも出版を行うことができる。印税は売上げの35%が標準となっており、既存の紙媒体の相場(約10%)よりもかなり高い。

 これまで日本の出版業界は政府の規制に守られ、競争が阻害されてきた。

 出版物を書店に並べるには「取次」と呼ばれる問屋を通す必要があり、これが大きな参入障壁であった。しかも再販売価格維持制度によって値引きができず、読者離れが進む一因にもなっていた。

 アマゾンが電子書籍における自費出版のプラットフォームを構築したことで、閉鎖的だった日本の出版業界に大きな風穴が開く可能性が出てきた。先行して事業をスタートさせている米国では、アマゾンのプラットフォームのみの販売で億単位の印税を得る作家も登場しているという。

 新しいスタイルの作家や出版社が登場し、コンテンツの多様化が進むことが期待される。既存の出版社にとっては、きわめて厳しい時代が到来することになるだろう。

 - マスコミ, 社会, 経済

  関連記事

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

chouju
社会的地位が高いと長寿?短命なスポーツ選手もメダリストは長生きとの研究結果

 英国の医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に、オリンピックの歴代 …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …