ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人が24日、「キンドル・ペーパーホワイト」の日本語対応版の販売予約を開始すると発表した。価格は8480円からで、11月19日から順次出荷する。
 同社はこれに合わせて、サイト内にキンドルストアを開設。電子書籍の販売もスタートさせた。文庫や漫画、ベストセラーなどを中心に計約5万点を揃える。

 さらに注目すべきなのは、誰でもキンドル向け電子書籍を自費出版で きる「キンドルダイレクトパブリッシング」をスタートさせたことである。同サービスは既存の出版業界を破壊するインパクトを持っており、出版各社は戦々恐々としている。

 自費出版サービスの登録は簡単だ。同社のサイトからログインし、銀行口座などの情報を入力すれば基本的に誰でも出版を行うことができる。印税は売上げの35%が標準となっており、既存の紙媒体の相場(約10%)よりもかなり高い。

 これまで日本の出版業界は政府の規制に守られ、競争が阻害されてきた。

 出版物を書店に並べるには「取次」と呼ばれる問屋を通す必要があり、これが大きな参入障壁であった。しかも再販売価格維持制度によって値引きができず、読者離れが進む一因にもなっていた。

 アマゾンが電子書籍における自費出版のプラットフォームを構築したことで、閉鎖的だった日本の出版業界に大きな風穴が開く可能性が出てきた。先行して事業をスタートさせている米国では、アマゾンのプラットフォームのみの販売で億単位の印税を得る作家も登場しているという。

 新しいスタイルの作家や出版社が登場し、コンテンツの多様化が進むことが期待される。既存の出版社にとっては、きわめて厳しい時代が到来することになるだろう。

 - マスコミ, 社会, 経済

  関連記事

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

hinkon
日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国の水準など夢のまた夢

 韓国の統計庁が出した2012年家計金融・福祉調査の結果によると、昨年の可処分所 …

vatican
国連がカトリック教会に対して、子供の性的虐待問題を指摘。その背景にあるもの

 国連の子どもの権利委員会は2014年2月5日、カトリック教会の聖職者による子供 …