ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの焦点になった。自動車取得税を減税する代わりに、軽自動車税の増税が決まり、軽自動車メーカーだけが損をする形で最終決着した。これまで一枚岩として日本政治に絶大な影響を及ぼしてきた自動車業界の分裂は、パイの拡大が見込めなくなり、ゼロサムゲームと化した日本経済の現状を象徴している。

suzuki

 自動車取得税の廃止は、消費税増税対策として2013年1月に発表された経済対策にすでに盛り込まれていたものである。
 リーマンショック後の販売不振に苦しむ自動車業界は、その絶大な政治力を活用してロビー活動を展開。エコカー減税など政府から巨額の助成を引き出すことに成功してきた。自動車取得税の廃止もその延長線上にある。

 ただ自動車取得税は地方税であることから、これを廃止することは2000億円の税収減少につながり、地方自治体の財政を直撃してしまう。総務省が自動車取得税の廃止に難色を示したことから、その代替案として急浮上してきたのが軽自動車税の増税である。
 軽自動車を主力商品とするスズキの鈴木会長は、軽自動車への増税は「弱い者いじめ」であるとして強く反発した。地方の零細自営業者などを中心にコストの安い軽自動車へのニーズは強く、鈴木会長の発言は大きな動きになるかと思われた。だが世論はあまり反応せず、あっさりと軽自動車への増税が決まってしまった。

 この背景には、自動車業界内部の分裂がある。軽自動車を中心に製品を展開しているのは主にスズキとダイハツだが、ダイハツはトヨタの子会社であり、独自の動きをしにくい環境にある。軽自動車への増税に激しく反対するのはスズキだけになってしまい、他の大手各社は自動車取得税減税という借りを政府に返す方を優先してしまったわけである。

 ここ1年の円安の進展でトヨタなど自動車メーカーの多くは増収増益となった。だが肝心の販売台数は横ばいが続いており、業界として成長しているとは言い難い。日本の製造業のお手本とされ、ひたすらパイの拡大を目指して来た自動車業界だが、とうとうライバルから顧客を奪い合うゼロサムゲームに突入したのである。

 この動きはすでに日本国内のあらゆる業界で見ることができる。ごくわずかな市場規模に過ぎないTV通販市場に大手企業が何十社も殺到するなど、わずかな顧客をめぐって醜い争いが展開されている。ソフトバンクのように巨大な米国市場にM&Aを仕掛けるような会社は話は別だが、国内市場しか主戦場にしない企業にとっては、限られた顧客を奪い合う以外に生き残る方法はない。
 グローバルに展開できている自動車メーカーですらこの状況であることを考えると、今後こうしたゼロサムゲームは、日本国内でさらに激しくなってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

tpptaikou
バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …