ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資先の不足である。日本経済の成長が見通せない中、資金を貯め込むばかりの大企業の姿が浮かび上がる。

setubitousi

 投資家別の国債売買動向を見ると、事業法人は8カ月連続で国債を買い越している。特に2013年に入ってからは、買い越し額が急増しており、最近では月あたり3000億円近いペースが続いている。
 企業が国債の保有を増加させているのは、大企業を中心に資金が余り、適切な投資先を見つけることができないからである。
 政府は2013年初頭に10兆円の大型公共事業を実施するとともに、製造業に対しては多額の補助を実施してきた。これらの施策によって2013年度のGDPは実質で2.8%となる見込みだが、企業の設備投資はほとんど伸びていない。
 公共事業や補助金による瞬間風速の景気なので、企業は思い切った設備投資に踏み切ることができないのだ。現金を余らせておくわけにもいかず、消極的選択として国債を購入するという判断になっている可能性が高い。

 もう少し長いスパンで事業法人の投資行動を眺めてみると、その傾向はさらに顕著になる。資本金1億円以上の企業における公社債の保有残高はここ10年で1.4倍に増加したが、現金保有残高もやはり1.3倍に増えている。大企業は下請けへの値引き要求を強め利益率を向上させてきたが、稼いだお金はほとんど投資せず、内部留保に回してきたのである。

 国内市場が頭打ちになったとしても、海外のM&Aや自社株買いなど資金の使い道はいくらでもある。だがこうした資金の有効活用ができる企業はごく一部にとどまっているのが現状だ。こうした企業の内向きな姿勢を批判するのはたやすいが、経済全体を見たときの事情はもう少し複雑である。

 企業の姿勢が内向きで国債への投資を増やしていることが、逆に国債の消化余力の維持につながり、日本の財政危機を回避してきたという面が否定できないのである。
 日本はかつて高い貯蓄率を誇ったが、それは昔の話である。現在の日本は着実に貧しくなっており、家計の貯蓄率は低下する一方である。家計の貯蓄率が低下すると、国債の消化余力がなくなり、財政危機が表面化する危険性があるが、日本はまだそうなっていない。家計の貯蓄率が減少した分、企業の貯蓄が国債の消化を支えているのである。

 日本経済における今後の拡大が見通せなくなっていること、企業の有効な投資先が見つからないこと、逆にこれが国債市場を支えていることは、すべてウラでつながっている。だがこれは最終的な破綻へ向けたゆっくりとした歩みであり、まさに長期的な負のスパイラルである。
 本来であれば、痛みを伴う改革を行い、負のスパイラルを正のスパイラルに転換する必要があったが、日本はその選択をしなかった。近い将来、どこかのタイミングでこのシステムは持続が不可能になるはずだが、その時に被る痛みは、従来の想像をはるかに超えるものとなるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …