ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動きが加速している。好調な経済とシェールガス革命を背景に、米国への製造業回帰はかなり前から進んでいたが、同様の動きが欧州でも目立つようになってきた。

factoryline

 ブリジストンは2013年10月、当初閉鎖の予定であったイタリアのタイヤ工場の存続を決定した。
 アジアに建設した製造ラインを一部閉鎖しイタリア工場に戻す。自動車バッテリー大手のフィアム社も、東欧の工場からイタリアに生産拠点の一部を回帰させている。
 欧州のある学術調査では、2012年の段階で欧州に製造拠点が回帰したケースは、イタリアで72件、ドイツで42件、フランスで32件あったという。欧州での動きはまだ一部にとどまっているが、これまで東欧や中国などに工場が移転する一方だったことを考えると、注目すべき動きといえる。

 生産拠点を戻す動きの背景には、中国など新興国における人件費の高騰があるが、それ以外の事情については、米国と欧州で大きく異なっている。
 米国への生産回帰は、好調な米国経済に加え、シェールガス革命によってエネルギーコストが大幅に下がっていることが主な要因となっている。経済が堅調で最終消費地に近く、エネルギーコストが安いとなれば、工場を建設する企業が増えるのは当たり前である。また米国の最低賃金は日本と同様、先進国の中ではかなり安く、人件費がそれほど高くないことも大きく影響している。つまり米国への製造業回帰は、市場メカニズムで自然発生的に起こっている現象ということになる。

 一方、欧州の場合には事情が大きく異なっている。欧州は景気低迷が続き、10%台という高い失業率が続いている。スペインなど債務危機に陥った国では20%台というところもある。このため失業対策は各国政府の最優先課題となっており、メーカー各社には政府から雇用を増やすよう数多くの要望が寄せられることになる。
 ブリジストンのケースでは、労使双方が交渉し、賃上げの抑制や労働時間の削減などを労組が受け入れ、雇用を最優先したことで生産回帰の合意が成立している。

 欧州は労働者保護が徹底しており、日本と比べると最低賃金がかなり高い。フランスの最低賃金は9.43ユーロ(約1335円)、英国は6.31ポンド(約1056円)、社民党との大連立政権の成立で最低賃金導入が決まったドイツでは、今のところ8.5ユーロ(1204円)で検討が進められている(日本は平均764円。米国は州によって異なるが平均すると820円前後)。
 ドイツを除けば、こうした手厚い労働者保護政策が、失業率を高めているというのは事実であり、国内生産回帰は、雇用をめぐる政府、労働者、企業の妥協の結果でもある。

 日本では今のところ製造業を国内に戻す動きはあまり活発になっていない。政府はむしろ賃金を上げるよう企業に要請しており、国内の生産コストは今後、さらに上昇していく可能性が高い。日本ではこの10年、一貫して製造業からサービス業に労働者が移転してきたが、この動きは今後も続きそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …