ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動きが加速している。好調な経済とシェールガス革命を背景に、米国への製造業回帰はかなり前から進んでいたが、同様の動きが欧州でも目立つようになってきた。

factoryline

 ブリジストンは2013年10月、当初閉鎖の予定であったイタリアのタイヤ工場の存続を決定した。
 アジアに建設した製造ラインを一部閉鎖しイタリア工場に戻す。自動車バッテリー大手のフィアム社も、東欧の工場からイタリアに生産拠点の一部を回帰させている。
 欧州のある学術調査では、2012年の段階で欧州に製造拠点が回帰したケースは、イタリアで72件、ドイツで42件、フランスで32件あったという。欧州での動きはまだ一部にとどまっているが、これまで東欧や中国などに工場が移転する一方だったことを考えると、注目すべき動きといえる。

 生産拠点を戻す動きの背景には、中国など新興国における人件費の高騰があるが、それ以外の事情については、米国と欧州で大きく異なっている。
 米国への生産回帰は、好調な米国経済に加え、シェールガス革命によってエネルギーコストが大幅に下がっていることが主な要因となっている。経済が堅調で最終消費地に近く、エネルギーコストが安いとなれば、工場を建設する企業が増えるのは当たり前である。また米国の最低賃金は日本と同様、先進国の中ではかなり安く、人件費がそれほど高くないことも大きく影響している。つまり米国への製造業回帰は、市場メカニズムで自然発生的に起こっている現象ということになる。

 一方、欧州の場合には事情が大きく異なっている。欧州は景気低迷が続き、10%台という高い失業率が続いている。スペインなど債務危機に陥った国では20%台というところもある。このため失業対策は各国政府の最優先課題となっており、メーカー各社には政府から雇用を増やすよう数多くの要望が寄せられることになる。
 ブリジストンのケースでは、労使双方が交渉し、賃上げの抑制や労働時間の削減などを労組が受け入れ、雇用を最優先したことで生産回帰の合意が成立している。

 欧州は労働者保護が徹底しており、日本と比べると最低賃金がかなり高い。フランスの最低賃金は9.43ユーロ(約1335円)、英国は6.31ポンド(約1056円)、社民党との大連立政権の成立で最低賃金導入が決まったドイツでは、今のところ8.5ユーロ(1204円)で検討が進められている(日本は平均764円。米国は州によって異なるが平均すると820円前後)。
 ドイツを除けば、こうした手厚い労働者保護政策が、失業率を高めているというのは事実であり、国内生産回帰は、雇用をめぐる政府、労働者、企業の妥協の結果でもある。

 日本では今のところ製造業を国内に戻す動きはあまり活発になっていない。政府はむしろ賃金を上げるよう企業に要請しており、国内の生産コストは今後、さらに上昇していく可能性が高い。日本ではこの10年、一貫して製造業からサービス業に労働者が移転してきたが、この動きは今後も続きそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …