ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、量的緩和策の縮小を決定した。FRBによる国債購入額を2014年1月から100億ドル(約1兆400億円)減らす。リーマンショック以降、3回にわたって続けられてきた量的緩和策がとうとう転換する。

banankieren

 これまでFRBは、国債を450億ドル、不動産担保証券(MBS)などを400億ドル、合計850億ドルを毎月購入していた。今回の決定によって2014年1月以降は、国債が月額400億ドル、不動産担保証券が月額350億ドルとなり、合計で750億ドルに減額となる。

 今回のFOMCにおける緩和縮小の決定について、市場関係者の多くはほぼ100点満点と評価している。その理由は、今回のFOMC決定は、2014年2月に就任するイエレン新議長(現副議長)への引き継ぎという意味で完璧な内容となっているからである。

 イエレン氏は、量的緩和策を基本とした現在のFRBの金融政策の立役者の一人であり、現FRB議長であるバーナンキ氏とは非常に立場が近いとされている。だがバーナンキ氏と比較して、さらにリベラル色が強く、失業率など雇用市場の改善をより強く意識しているといわれる。また金融政策の先行きについて、よりはっきりと市場に伝えるというスタンス(フォワードガイダンス)をとっている。

 イエレン氏は経験も豊富で、何より現副議長であることから、その基本的な手腕について疑問視する人はほとんどいない。だがあえて懸念材料を探すとすると、失業率やフォワードガイダンスへのこだわりが強すぎ、思った通りの状況に経済が移行しない場合、逆にFRBの選択肢を狭めてしまうというリスクであった。

 だが今回のFOMC決定はこれらをすべてクリアできる非常に有効な決定であったと考えられる。今回の会合で緩和縮小を決定する可能性は50%程度と見られていたので、市場では多少のサプライズとなった。市場よりも半歩先を行くというFRBのスタンスとしては理想的といえる。一方で、失業率が6.5%を切ったとしても、インフレ率が目標を下回っている限りは緩和を継続するというスタンスを明確にするとともに、金利引き上げは2015年頃になるという見通しをよりはっきりさせた。

 失業率を重視し、今後の見通しをよりはっきりさせたいイエレン氏の意向が十分に反映される一方、イエレン氏は、量的緩和縮小という大きな決断から逃れることができた。イエレン氏の政策が今後行き詰まる可能性はかなり小さくなったと考えてよく、今回の決断は、バーナンキ氏からイエレン氏へのクリスマスプレゼントということになるだろう(ちなみに両者はクリスチャンではないが)。

 米国経済の足元は好調である。政府機関閉鎖という大きなマイナス要因があったにも関わらず、生産や雇用市場は大きな改善が見られている。緩和縮小開始には最適のタイミングであり、大きな問題が起きなければ、来年の米国経済はさらに順調に推移する可能性が高い。
 緩和縮小の決定を先送りした9月のFOMCでは、バーナンキ氏と市場のコミュニケーションが疑問視される局面もあった。だがバーナンキ氏は最後には完璧な仕事を成し遂げたといってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …