ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届かないことが明らかとなった。日銀は事実上、インフレ率1%を目標値として掲げており、これが達成できるまで金融緩和を継続することになる。

 世界各国で緩和競争が行われる中、政治的圧力によって日銀は緩和拡大をイヤイヤ進めている。だが基本的に日銀は金融緩和を拡大したくない。
 その理由はいろいろあり、中には組織の利益を優先する役人根性丸出しのものもあるが、もっとも大きいのは、日銀自身が緩和策が効くと思っていないことである。

 金融政策における重要な判断基準となる物価上昇率は、GDP(国内総生産)の伸びと密接に関係している。今回2014年度の物価目標が達成できないとした根拠は、2013年度のGDPが大幅原則する可能性が高くなっているからだ。

 政府や日銀は、日本の潜在的な経済成長率を0.5%程度であることを前提に政策を組み立てている。潜在成長率とはその国が達成できる経済成長の理論的な能力のことを指す。経済学の専門家がいろいろなモデルを使って計算しているという。

 なにやら立派そうな雰囲気のするコトバだが、潜在成長率を推定する方法は実は案外いい加減だ。乱暴にいってしまうと、経済成長率を決める要素は、人口、資本の2つしかない。この2つで決まる成長率以上に成長を実現した場合には、あとづけで技術革新が要因であったと判断される。

 現在の日本では、人口は年々減少し、資本(設備投資)も毎年大幅なマイナスである。しかも技術革新にも疑問符が付きつつある。日本は経済成長のしようがないのである。
 専門家がいろいろと理論をこねくり回しているのは、普通に計算するとマイナス成長にしかならないので、どうやってとにかくプラス成長の数字を出せるのか数字いじりをしているだけなのだ。理由は簡単、「マイナス成長しか出来ません」ではカッコがつかないからである。

 日本経済を再び成長軌道に乗せるには、経済や産業の構造をゼロベースで見直し、再構築して資本の投下を促進するしかない(いわゆる構造改革)。だが構造改革には既得権益者(高齢者、公務員、保護産業の社員、農業従事者、土建業など)の痛みを伴うため、政治家はビビッて実行できない。

 実は日銀は、日頃からこのことを主張している(批判されることを恐れているのか、目立たないようコソッと主張している)。現在の状況でいくら金融緩和を行っても経済が回復しないことを一番よく知っているのは日銀自身なのだ。

 日銀による緩和で溢れたマネーは、すべて国債の消化に回り、日本の財政をさらに悪化させるだけであろう。もっとも、金融緩和が円安とインフレをもたらし、製造業の収益が一時的に回復すれば、経済が持ち直す可能性は残っている。
 だがそれは根本的な解決策になっておらず、近い将来大きな副作用を国民にもたらすことになる。だがその時には、現在の政策責任者は、誰もその席にはいないであろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …