ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で家計が保有する金融資産の残高は前年比5.9%増の1598兆円となった。株式など証券が35%近く増加する一方、現金の増加は2%にとどまっている。株高によって資産価格が上昇したことが金融資産拡大につながった。

ichimanen 一方、事業会社の金融資産は大幅に増え、前年比9.1%増となった。家計と同様、株式の増加率が高いが現金も約6%増加した。
 日本は賃金の低下によって家計部門における貯蓄率の低下が続いている。株高によって見かけ上の個人金融資産は増えたが、全体としては、家計のお金が少なくなり、企業の内部に滞留しているという状況が見て取れる。

 資金循環統計は、マクロ的に見た大きなお金の流れを把握する目的で調査が行われている。バブル崩壊後の日本経済は、景気が低迷し、貯蓄率が低下する一方、企業は内部留保を増やしてきた。政府部門は国債を大量に発行し、調達した資金を政府支出として企業に分配している。つまり、政府が国民から借金をし、企業の業績を支えると同時に、企業は利益を国債の購入に回し、逆に政府の借金を支えるという構図になっている。

 日本政府や地方自治体の抱える借金はすでに1000兆円を超えている。社会保障費の増大によって今後も財政支出は増えることが予想されており、国債の消化余力がどの程度残っているのかが、重要なカギとなりつつある。

 日本の家計貯蓄率は1980年代には15%という高い水準にあり、日本人は貯蓄好きといわれてきた。当時は貯蓄率が低く、消費が過剰な米国を見下すような風潮さえあった。だがバブル崩壊後、日本は貧困化の一途を辿り、現在の貯蓄率は1%以下と、ほぼゼロに近い状態となっている。
 貯蓄率の劇的な低下は、国債の消化余力の減少につながってくる。だが日本は貯蓄率が低下しているにもかかわらず、国債の消化は今のところなんとか維持できている。それは家計の貯蓄が減少した分、企業の貯蓄が増加しており、貯蓄全体としては大きなマイナスになっていないからである。

 だが問題はこの先である。企業はその性質上、過剰に資金を余らせておくことができない。企業の余剰資金増加のペースは鈍化しており、そろそろ頭打ちになる可能性が高い。
 設備投資であれ、賃金であれ、企業が溜め込んだ資金を外部に放出した場合、これがプラスに作用すれば、最終的には家計の余剰資金増加につながり、再び家計部門による国債消化能力が高まることになる。だが企業からの資金放出が経済成長につながらず、輸入の増加による海外への流出になってしまった場合には、逆に国債の消化余力に疑問符が付くことになる。

 今回の資金循環統計は、バブル崩壊以後の家計から企業へというお金の流れが、最終段階に入りつつあることを示している。好循環と悪循環のどちらになるのかは分からないが、潮目の変化が近づきつつあるのは、間違いないようだ。

 - 経済 ,

  関連記事

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …