ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは大学進学率が45%と低いが、その代わり豊富な職業訓練教育制度が整備されている。このためスイスの失業率は2.8%と極めて低い水準に抑えられている。また、UBS銀行のCEOなど、職業訓練学校出身でグローバル企業のトップに上り詰めるケースもあり、その多様性が評価されているという。

swiss

 スイスでは、日本と同様、中学校までの義務教育の制度がある。システムが大きく異なっているのはその先である。
 一般的な大学進学を前提とした進学コースと職業訓練コースの2つを選択することができるようになっており、約7割の生徒が職業訓練コースを選ぶといわれている。
 職業訓練コースは企業と職業訓練学校の連携で実現している。職業訓練学校に進学した生徒は、週の3~4日は企業でのトレーニング、残りを学校での理論的な勉強に充てる。3~4年の訓練を経て、生徒はそれぞれの業界に就職していくが、職業訓練大学などに編入し、さらに高度な教育を受けてから社会に出るという選択肢もある。
 職業訓練を受けることができる職種は約300種に上っており、一般的な職業のほとんどはカバーされるという。職業訓練中は基本的に無給だが、多少の報酬はもらえるという。

 こういったシステムは、スイスのほかにドイツなどにも存在している。フランスにおいてもバカロレアと呼ばれる大学入学システムにおいて職業教育の分野が存在している。だが、職業訓練という位置付けがより徹底しているスイスの方式が注目されているのは、2.8%というスイスの失業率が、欧州各国に比べ突出して低いからである。
 ユーロ圏の10月の失業率は、ドイツなど好景気を謳歌する一部の国を除いて10%台という高い水準が続いている。若年層の失業率に至っては25%を超えている。この状態は当分解消される見込みはなく、欧州では失業率の高止まりが大きな社会問題となっている。

 高い失業率の背景には、当然のことながら景気の低迷があり、それに加えて、高い労働コストや正社員に対する保護の行き過ぎなど構造的な問題が横たわっている。だがもう少し社会的な部分に目を向けてみると、大卒者の過剰な輩出という問題も存在している。
 社会のニーズに対して大卒者の数が多すぎ、根本的に労働者と企業のミスマッチが解消されないのである。社会で必要とされる分の技能労働者を合理的に育成するというスイスの方式が注目されているのは、こうした事情が大きい。

 スイスは、永世中立を基本方針とする欧州の小国であり、金融と高付加価値製造業で成り立っている。徴兵制があり、各家庭には自動小銃が付与されている特殊な国でもある。巨大都市を多数抱え、大量の中間層の生活を維持しなければならない大国とは状況が異なっており、日本も含めて大国がスイスのやり方をそのまま踏襲するのは難しいだろう。
 だが一般教養的な教育を大量の学生に提供する従来のマス大学教育が限界に来ていることも事実である。一部の大学はすでに実施しているが、大学教育の中に職業訓練的な要素を積極的に取り入れていくことは、今後の日本においても重要なことかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …