ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは大学進学率が45%と低いが、その代わり豊富な職業訓練教育制度が整備されている。このためスイスの失業率は2.8%と極めて低い水準に抑えられている。また、UBS銀行のCEOなど、職業訓練学校出身でグローバル企業のトップに上り詰めるケースもあり、その多様性が評価されているという。

swiss

 スイスでは、日本と同様、中学校までの義務教育の制度がある。システムが大きく異なっているのはその先である。
 一般的な大学進学を前提とした進学コースと職業訓練コースの2つを選択することができるようになっており、約7割の生徒が職業訓練コースを選ぶといわれている。
 職業訓練コースは企業と職業訓練学校の連携で実現している。職業訓練学校に進学した生徒は、週の3~4日は企業でのトレーニング、残りを学校での理論的な勉強に充てる。3~4年の訓練を経て、生徒はそれぞれの業界に就職していくが、職業訓練大学などに編入し、さらに高度な教育を受けてから社会に出るという選択肢もある。
 職業訓練を受けることができる職種は約300種に上っており、一般的な職業のほとんどはカバーされるという。職業訓練中は基本的に無給だが、多少の報酬はもらえるという。

 こういったシステムは、スイスのほかにドイツなどにも存在している。フランスにおいてもバカロレアと呼ばれる大学入学システムにおいて職業教育の分野が存在している。だが、職業訓練という位置付けがより徹底しているスイスの方式が注目されているのは、2.8%というスイスの失業率が、欧州各国に比べ突出して低いからである。
 ユーロ圏の10月の失業率は、ドイツなど好景気を謳歌する一部の国を除いて10%台という高い水準が続いている。若年層の失業率に至っては25%を超えている。この状態は当分解消される見込みはなく、欧州では失業率の高止まりが大きな社会問題となっている。

 高い失業率の背景には、当然のことながら景気の低迷があり、それに加えて、高い労働コストや正社員に対する保護の行き過ぎなど構造的な問題が横たわっている。だがもう少し社会的な部分に目を向けてみると、大卒者の過剰な輩出という問題も存在している。
 社会のニーズに対して大卒者の数が多すぎ、根本的に労働者と企業のミスマッチが解消されないのである。社会で必要とされる分の技能労働者を合理的に育成するというスイスの方式が注目されているのは、こうした事情が大きい。

 スイスは、永世中立を基本方針とする欧州の小国であり、金融と高付加価値製造業で成り立っている。徴兵制があり、各家庭には自動小銃が付与されている特殊な国でもある。巨大都市を多数抱え、大量の中間層の生活を維持しなければならない大国とは状況が異なっており、日本も含めて大国がスイスのやり方をそのまま踏襲するのは難しいだろう。
 だが一般教養的な教育を大量の学生に提供する従来のマス大学教育が限界に来ていることも事実である。一部の大学はすでに実施しているが、大学教育の中に職業訓練的な要素を積極的に取り入れていくことは、今後の日本においても重要なことかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …