ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。デフレの表現がなくなるのは 「緩やかなデフレ状況にある」とした2009年11月以来、4年2カ月ぶりのことになる。消費者物価指数の上昇が続いていることがその根拠だが、現在の物価上昇は単なる輸入価格上昇によるインフレという見方もあり、日本が本当の意味でデフレを脱却したのかは疑問の余地が残る。

 dentaku 日本経済が低迷しているのはデフレが主な原因であるというのがこれまでの通説であった。
 実際、安倍政権はデフレ脱却を目的に、日銀に量的緩和策の実施を促し、日銀はこれを受けて大量の国債買い入れを行ってきた。日銀はすでに70兆円近くの資金を市場に供給している。

 日銀の量的緩和策は大きく分けて二つの効果が期待されている。ひとつは資産効果であり、もうひとつは設備投資の拡大である。
 日銀が大量の資金を市場に供給すれば、名目上の物価が上昇するという期待(インフレ期待)が生まれ、株価や不動産など資産価格の上昇が見込まれる。資産価格が上昇し、その利益の一部が消費に回れば実質ベースでも消費が増え、経済成長を実現することができる。また実質金利が低下することになるので、資金が借りやすくなり、設備投資の活性化も期待されることになる。

 資産価格の上昇は、量的緩和に対して市場が即座に反応したことで、短期間で実現することになった。だが日本の場合、中間層以下はほとんど株式を保有していないので資産効果は富裕層だけに限られる。このため資産価格の上昇によってGDPが成長する効果はあまり期待できないというのが現実だ。
 日本において量的緩和策に意味があるとすると、やはりそれは実質金利の低下による設備投資の拡大というプロセスであろう。だが肝心のこの部分については、目立った効果はまだ出ていない。

 実質金利が低下しているにもかかわらず企業の設備投資が伸びないのは、企業が日本経済の実質的な成長を見込んでいないからである。確かに消費者物価指数は上昇しているが、それは円安による輸入価格の上昇が原因であり、自律的な回復によるインフレではない可能性が高い。

 総務省が発表した10月の消費者物価指数では、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」が前年同月比でプラス0.9%となり6カ月連続で上昇した。また「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても、前年同月比0.3%と上昇に転じている。
 今年1月から10月までの間で値上がり率が最も高かったのは、電気代(約10%)、履物(約6.7%)、ガス代(約4.3%)、旅行など(約4.2%)など、すべて円安による輸入価格上昇の影響が大きいものばかりである。つまり円安による輸入物価上昇がデフレ脱却のきっかけであり、コアコア指数も上昇に転じたことは、コスト上昇が他の物品にも波及し始めたことを示している。

 これまで日本経済は長期間デフレが続いたため、政治家も含め、多くの国民がインフレ時代の弊害をすっかり忘れ去ってしまっている。ひとたびインフレが始まれば消費者の生活を直撃することになり、国民からの批判はデフレ時代の比ではなくなる可能性が高い。
 このまま実質的な成長を伴わず、名目上のインフレが加速することになれば、メディアに「インフレが日本経済停滞の元凶!」といった見出しが出てくるのも時間の問題である。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

shukinpei03
ボアオ・アジアフォーラムで習近平氏が国家主席就任後、日本側要人と初めて会談

 中国の習近平国家主席は4月8日、博鰲(ボアオ)アジアフォーラムに出席し、同フォ …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …