ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の安値を付けて以来、人民元の上昇が続いており、10月後半には1ドル=6.25間の水準まで上昇した。

 当局の管理下にある人民元がこれほどまでに変動している背景には、中国当局の元高容認政策がある。
 中国は、かつて日本がプラザ合意で無理やり円高にさせられた経緯をよく研究しており、米国からの元切り上げ要求を強く警戒している。

 だがこのところ、尖閣問題やフィリピンとの領有権問題によって、米国の態度が硬化している。米海軍は横須賀基地所属の第7艦隊主力空母ジョージワシントンをフィリピンに訪問させ、間接的に中国にプレッシャーを与えている。また国務省高官の中国訪問も相次いでいる。

 米国、中国ともに政権交代を控えており、政治的には動きにくい状況だ。だが、為替政策や軍のオペレーションに関しては、両国とも政権交代から受ける影響は少なく、実務レベルで交渉を進めらやすい状況にある。

 為替については、米側の強硬姿勢に対して中国側が譲歩し、元高をある程度容認しているものと思われる。だが中国側が一方的に譲歩しているのか、何らかのバーターがあるのかは現時点では明らかになっていない。

 日米安保が形骸化している今、米国と中国の折衝は、日本抜きで重要な決定が下されるリスクをはらんでいる。米中交渉の行方には今後とも要注目である。

 - 政治, 経済

  関連記事

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …