ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フロリダを拠点に全米と南米各地に路線をもつスピリットエアラインもその一つである。座席ピッチを極限まで狭くしたり、遅れが日常茶飯事などサービスは最低だが、価格は一般的なLCCよりさらに安い。サービスが悪いことを理解した上で利用する顧客が増えてきており、業績は好調だ。

spiritair

 スピリット社の2012年12月期の売上げは13億1800万ドル(約1370億円)、当期利益は1億846万ドル(約113億円)となっている。今期は第3四半期ですでに昨年と同じ水準の売上げとなっており、2013年12月期の決算は増収増益が期待されている。利益率は8%を超えており、大手エアラインとの比較ではもちろんのこと、サウスウエストやジェットブルーなど他のLCCとの比較でもかなりの高収益だ。

 同社の収益の秘密は、徹底的なサービスの廃止である。同社の運賃は他のLCCよりも安く設定されているが、付帯するサービスはほとんどない。2007年に全米の航空会社では初めて、すべての預かり荷物を有料化したほか、機内手荷物にまで課金する。座席を指定すると10ドルから20ドル取られ、ドリンクは水も含めてすべて有料だ。

 シートピットは28インチ(約72センチ)ともっとも狭い部類に入り、リクライニング機能はない。日本の大手国内線のピッチは31インチ(79センチ)程度が標準といわれているが、28インチとなるとかなり狭い。体格の大きい人の場合には、膝が前のシートにぶつかってしまう程である。遅延などスケジュール変更も日常茶飯事だ。
 米国ではもっとも権威のある商品サービス評価誌の一つであるコンシューマ・レポートにおいて、スピリット社はワースト航空会社のひとつに選ばれている。

 確かに同社のサービスは悪いが、運賃はかなり安い。例えばニューヨークからフロリダまでの航空運賃は、時期によっても異なるが、大手の場合には500ドルくらいすることが多い。LCCであるジェットブルーは160~170ドルだが、スピリットの場合にはさらに安く100ドルを切る。
 また機内手荷物には課金されることを、社長自らがCMに出て説明しており、顧客の多くは同社のサービス内容をよく理解した上で利用しているものと考えられる。ちなみに同社はこれまで大きな事故を起こしたことはない。

 こうしたサービスについては賛否両論あるだろうが、利用者の選択肢がたくさんあることは評価できる。日本の場合には、空港の利用料など官に支払うコストが高すぎ、LCCといっても安い料金を提示することができない構造になっている。このため諸外国に比べて平均的な航空運賃はかなり高く、そのツケは利用者が負っている。
 米国はもちろんこと、欧州やアジアでもLCCは、大手航空会社をはるかに超える規模に成長している。昭和な時代の航空業界が残っているのは、世界広しといえども日本くらいなものである。

 - 経済 ,

  関連記事

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …