ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は2013年12月、東京大学発のロボット開発ベンチャー企業シャフトなど7社を買収し、本格的にロボット事業に参入することを明らかにした。また16日には米国の軍用ロボット開発企業であるボストン・ダイナミックス社を買収すると発表している。

robot ロボットは次世代の産業として大きな注目を集めているが、ロボット産業のもっとも主要なマーケットは軍事用であることは周知の事実である。
 グーグルという巨大企業の本格的な参入で、技術開発が進展するという期待がある一方、次世代の軍事技術を同社が独占するのではないかとの懸念も出ている。

 買収されたボストン・ダイナミックスは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー企業で、米軍や国防総省傘下の国防高等研究計画局と共同でロボット開発を行ってきた。4足歩行のロボットを得意としており、その目的はズバリ、ロボット兵器である(写真)。

 米軍は、現在無人機をはじめとするロボット兵器の開発に力を入れている。ロボットが機械的に相手の兵士を攻撃ということについて人道上の問題が指摘されているが、兵士を危険にさらすことなく任務を遂行できるロボット兵器へのニーズは極めて高いといわれる。
 ロボットは介護や災害現場での活躍が期待されているが、こうした用途は規模からすると大きな市場ではない。関係者は大きな声では言わないが、ロボット市場の最大の顧客は各国の軍であることは、周知の事実である。2足歩行や4足歩行のロボットは、軍における対人間の任務に最適であり、特に米軍はその開発にかなりの力を入れている。

 米軍は10年近く前から、民間技術の積極的な獲得に乗り出しており、IT(情報技術)と機械系技術という複数の技術を融合させる必要があるロボットはその中心となっている。グーグルはロボット・ビジネスの詳細を明らかにしていないが、国防総省との共同プロジェクトであることはほぼ間違いない。

 同社に買収された東大発のベンチャー企業シャフトは、12月20日に開催された米国のロボット競技会で優勝した。この競技会は災害現場の救援活動をするロボットの技術を競うものだが、主催しているのは、ほかならぬ米国防総省国防高等研究計画局である。その本当の目的は明らかだ。

 ロボット技術が、戦争という殺人技術に応用されることについて批判の声もある。だが新しい技術は常に軍事用に応用されるというのは歴史が証明しており、そのこと自体を批判しても問題の解決にはならない。また一部には、日本で開発された技術が、事実上、米軍に買収されてしまうという事態について、問題視する意見もある。
 だが現代においては、オープンな技術開発はもちろんのこと、企業の資金調達やM&Aという、自由で活発な資本市場の整備も、戦争遂行能力の一部となっている。つまり活発な金融市場を整備し、起業家に魅力的な環境を提供できない国は、戦争で勝つことができないのである。
 政府の規制が多く自由な企業活動が難しい日本では、こうした面で著しく劣勢に立たされていることは間違いない。今後もこうした事例は多発する可能性が高いだろう。

 - 政治, 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …