ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞が報じた。

 産経新聞によると、公約案では、独自の国防軍の編成、強制通用力を持つ独自通貨の発行、徴税の3項目が掲げられているという。
 具体的には、終戦から100年にあたる2045年を目標に在日米軍を全廃することや、国軍の設立、日本主導によるアジア通貨統合などが盛り込まれているという。

 これまで維新の会は保守的傾向が強いと認識されていたが、具体的な政策はほとんど知られていなかった。公約の内容を見る限り、維新は完全な極右政党ということになり、諸外国からもそのように認識されることは間違いない。

 民主党政権の成立以降、日米安保の形骸化が一気に進んできた。民主党はどちらかというと左翼的スタンスで日米安保を疑問視する形態だったが、維新の会は右翼的なスタンスでの日米安保体制に対してNoを突きつけることになる。

 これは米国にとって戦後初めての経験であり、米国に極めて大きなインパクトを与えることになる。ワシントン中枢部では、日米安保体制に疑問を持つグループも増えつつあり、維新の会が次期衆院選で一定の政治勢力を持った場合には、米国の日本離れが加速する可能性もある。

 特に米国を警戒させる可能性が高いのは、在日米軍の全廃ではなく、アジア独自通貨圏の提唱である。70年以上前、日本が太平洋戦争に突き進むきっかけとなったのは、満州における米国の経済的な利益を日本が考慮しなかったことと、日本が独自のアジア通貨圏を提唱したからである。米国から見れば、大東亜共栄圏は軍事同盟が脅威なのではなく、それが経済通貨同盟だからである。
 だが当時の日本人には、経済問題がそこまで米国との関係を悪化させるとは誰も考えてはいなかった(高橋是清だけが警告を発していたが無視された)。
 時代が異なるので安易な比較は危険だが、当時の国際情勢と現在は非常によく似ている。アジア通貨圏という言葉には不気味な響きがある。

 ともかく、橋下代表にとっては極めて大きな政治的賭けといってよいだろう。日米安保を軸とした従来型の政治体制が継続する場合には、橋下氏が首相になれる可能性はほぼゼロになったといってよい。一方、日本の政治体制が完全に転換することになれば、橋下氏が首相に登り詰める可能性が一気に高まってくる。

 どのような結果になるにせよ、今回の公約発表は、戦後政治経済史における一大転換点となることだけは間違いないだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …